2005/11/16 水曜日

洋服の良さ..着物の良さ・・

Filed under: 家族,日々雑感 — patra @ 13:01:15

母とブラウス

親戚の法事へ出かける母がブラウスと黒いカシミヤのカーディガン姿、黒のスラックス姿で現れた。
残念、お腹とお尻が出っ張っていなければ・・と大笑いでしたが夏まで着物一辺倒の方にしては
とてもお似合いです。

介護問題に詳しい姉が伯母の為に「有料老人ホームをこのところ観て回っているけど、ひどいものよ」とため息と共に色々と持ち込んでくれた洋服類です。
「酷いって何が?」そう尋ねると

「多分、有料ホームだからそれ相応にお金の不自由は無い入居者だと思うけど、娘さんの居ない人は着る物に誰も注意を払わないのね、誰もお洒落をしている人が居ないのよ、何だかもう憂鬱な感じ・・お洒落な伯母さんをとても行かせられない」とため息。

今まで着物ばかりだった母を私も気を付けて季節感を現す帯揚げや帯留めで工夫をして、酷い格好になるのを注意していたものだ。

股関節手術痕の感染症のために病院へ通うようになって流石に着物は無理、姉も外で見る老人を客観的に見るようになったら老人にこそ「色」が大切だ!と思うようになったらしい。

「明るい色、はっきりした色だと遠くからでも目立つし・・老人こそお洒落しないと回りの空気が暗くなるわよね」
それでせっせとバーゲンやフリーマーケットで10着ほど組み合わせて持って来てくれました。

ジャケットの下に赤いユニクロのフリース千円成り!が可愛いひと組も・・・
昨日、早速、看護婦さんに誉められたそうです。
ユニクロ
照れずに着こなす努力をする母も偉い!

残念なのは着物だと体型がスッポリと隠れるけれど洋服はお腹回りがどうも・・・。

姉の選んだ中には秋用のピエールカルダン(東洋人に強い?)の茶系ワンピース1点のみ母の体型、パーフェクトに隠してました。

照れ笑い88才

  1. お年寄りにこそ、色のあるお洒落を・・・とのご意見に共感します♪
    私の母は現在、視力障害と脊椎の圧迫骨折の後遺症で長時間起きていられない状態ですが、それでも月数回の通院と買い物にお洒落をして出掛けることを何よりも楽しみにしているようです。
    買い物は私の説明を基に、品物の触感を確かめながらアレコレ買う訳ですが、もともと派手好みな人だった所為か明るい色を好んで着用するようになりました。患いが付き物のような老人ですが、それでも明るい表情をしていてくれるのは周りの者にとっても好いものですね^^

    亦、嫁いだ私を気遣って介護付有料老人ホームに入った両親でしたが、
    どれほどの設備が整っていようと、そこは老人同士の拘わりしかない世界。
    私には老いを待つばかりのような暮らし振りに感じられ・・・、父が他界したのを機に、今の同居に至っている我が家です^^

    Comment by hilorie — 2005/11/16 水曜日 @ 16:31:40

  2. >hilorieさん♪
    今晩は・・・。
    そうなんですよね、自分の力で奮い立たせるようにしてお洒落を心がけてくれる貴女のお母さまのような存在は、とても、とても尊いです。

    御両親のようにお二人揃って有料へ入る事ができる方々は今の日本ではとても恵まれたお幸せな御夫婦だと考えていましたが・・・独り残されたなら私も、もしも財力があったとしても、多分一緒に暮らす方を選択するでしょう。

    我が家は一緒に暮らすことで助け合う部分が大なので・・
    困ったことはお洒落さんじゃないのでよそ見してるとカルダンのワンピースに父の着物用カーディガン(袂付き)なんか着込んで平気なので(笑)

    「それじゃ姉さんに悪いでしょ」と慌てて私の一張羅なぞ貸してあげてますが、戻って来ないと大変なので「いい?貸すだけね」とか大騒ぎです(笑)

    Comment by patra — 2005/11/17 木曜日 @ 0:40:18

  3. 素敵なお母様ですねー♪

    うちの母はとっても派手好きで
    子供の頃の私は赤いスーツなどで学校に来られると
    とっても恥ずかしく思っておりましたが
    今はどんどん着てもらってます。
    センスがないので
    上下バラバラだったりしますが。(笑)

    ヨーロッパだったか、どこの国だったか忘れましたが
    訪問介護の時にまずお化粧やマニキュアなど
    お洒落してもらう事から始めるそうですね。

    Comment by マヤ — 2005/11/18 金曜日 @ 19:00:07

  4. お返事おくれてしまいました〜>マヤさん!
    今朝の母は自分で勝手に組み合わせたらしく滅茶苦茶で、もう笑ってしまうくらい酷かったです。
    組み合わせどうりに着てもらわないと悲惨ですよ〜素敵どころか涙が出ちゃうくらいお笑い路線でした。(ズボンがはき難い・・と言うので針金ハンガーで道具を作ってあげました。)素材違いの違和感が解らないみたいな88才です。

    マヤさんのお母さまはまだ充分お若い、私と4才くらいしか違わないじゃないですか?大いにお洒落なさってもう一度青春をなさってくださいな。

    お産で入院すると日本ではマニキュアから化粧まで落とされますが、海外、スエーデンやアメリカは化粧も香水も許される。
    介護もお洒落が出来なくなると既に相当に脳へのダメージが進む事らしく問題なんだそうですね。
    私も急に自分が心配になりました(笑)。

    Comment by patra — 2005/11/19 土曜日 @ 14:36:07

  5. 「お洒落」って・・・?
    女性たちはお洒落に対して姦しいなぁ〜って、思っていたけど。(笑)
    すごくあたまを使うことでもあるんだよなぁ〜。
    本当に「お洒落な人生」は、あたまも身体も心も、シャレていないとダメだよね。(^^;

    Comment by 変人です(^▽^) — 2005/11/19 土曜日 @ 16:26:30

  6. わ、ここにも変人さん(笑)
    どうもありがとう〜♪

    女性の「お洒落」とはケバケバしい事ではなくて
    「慎み」みたいな事が老後には一番大事で、それはそれは努力が要るようです。

    きちんとするって結構大変なんですよ、殿方はそんな老女を見かけたら誉めてあげてね、病院の先生方みたいに(笑)

    母も誉められたくて頑張ってるみたい。

    Comment by patra — 2005/11/19 土曜日 @ 17:33:47

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.