2020/11/23 月曜日

夢のツーショット

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 14:35:27

お友達から奇跡のプレゼントが届きました。
カナダにお帰りになった、大の風ファンの晶子さんから、分厚い封筒が届いたのです。

何だろう?プレゼントしてくださるというワインのことかな?と封を開けてみたら長いお手紙が美しい文字で3枚も綴られていました。 ワオ!

まだ一度もお会いした事も無い彼女は私のブログやFacebookで風君の事を知り、人生が変わるほどの衝撃を受けたのだと、綴られていて、私に感謝している!との内容でした。

藤井風の才能を知って欲しかったので、非公開の風ファングループじゃなく自分のブログやFacebookでせっせと藤井風君の布教活動をしていたのです。
 だって類稀なる才能を知らずにいるなんて日本人として勿体無いですからね〜

 
呆れられながらもせっせと一般の人にも知って欲しくて。
その結果、かなり風ファンは増えました。
 
晶子さんは私を「隊長」と呼んでは親しくコメントもくださった。
 

優しい彼女は難関の武道館チケットもゲット出来、2階席ではあっても生で風君を感じる事もできた方でした。
普段は日本とカナダで半分ずつ暮らしているそうです。
  

それにしてもなんて上手なアレンジでしょう。
私は舞い上がってしまって、まだ興奮しております。
 
足が不自由で風くんのライブなど、足を運ぶ事など不可能な私を「隊長、今度は一緒に行きましょう」と元気ずけてくださるのです。
 
私のサイトを知ったきっかけは女優の風吹ジュンさんに似てる、とご友人に言われて、最近の風吹さんを検索したら私と仲良くしてるブログ写真に辿り着いたそうです。
縁ですよね〜〜〜

私の大好きな風吹ジュンんちゃんが繋がるヒントで、そこから藤井風くんへ繋がった奇跡です。

人を喜ばせることが天命のような晶子さん、出会えた私は幸せです。

2020/11/17 火曜日

薬の間違いが大ごとに

Filed under: 人物,腰痛日記 — patra @ 12:54:13

怪我というほどの事も無い僅かな引っかき傷が、昔の火傷跡の弱った皮膚について居たのです。
膝のあたり3箇所ほど、室長さんが足を洗ってくれた時も5ミリくらいの血のカサブタ3箇所でした。

これはヘルパーさんが何度も弱い皮膚なので注意してね、と言っても指が当たり、というより爪が刺さり、血が出て居たのです。火傷は完全に治って居ますが、とにかく皮膚が弱いので用心し、包帯、スパッツもつけて居ましたが、健康な人は手荒いつもりは無くとも傷になってしまった。
   
 
私の失敗は皮膚専門のお医者さんじゃ無く、かかりつけ訪問医の内科の先生に診てもらった事です。
薬が合わず、膝だけでは無く古い火傷の痕まで強い薬を塗ったら、途端にベロッと赤むけになり一向に治らない、血が出てしまったのに、先生は更にピンセットでめくれた皮膚を剥がしたのです。3週間くらいその治療でした。
 
薬を変えたのも3回ほど、一向に良くならず1年もその治療を続けてしまい、私は内科医を2度も変えてもダメなので絶望してました。いまの主治医は3回目、循環器内科の先生が往診医になってくださいました。

 
去年の暮れに息子がお嫁さんと看病に戻り、足を見て驚愕!そして叱られました。
「何で専門医に見せないんだ!?皮膚科の先生に見せなさい」
だってこんな姿を恥ずかしい、と1年に及ぶ闘病生活を恥じる私に
「バカ言ってるんじゃないよ!全く!」と大激怒。 「ひ〜」

そしてアレルギーでお世話になった皮膚科のヒロ先生をお正月明けにお願いしました。
 
「これは細菌を調べましょう」
安心の見慣れた笑顔で皮膚組織を採取してくださいました。

 
結果は何にも悪い細菌(白癬菌とか破傷風とか感染菌)の類は一切ないから、と顕微鏡の結果を報告してくださり、新たに
薬を処方し直してくださった。
 

それでも治らない。
 
「皮膚が弱い上に、寝たきりで血流がとどこおているからね」
 
と先生も3回薬を変えてくださって、月曜、水曜、金曜のお風呂日にきてくださる看護師さんと頑張って薬を塗って包帯し続けました。
 
 
10月ごろから良くなり血も止まり、上皮が出来つつあり大喜び。

 
そして11月、生ま生ましかった傷が乾いて痛くない。良かった〜〜治る兆しが顕著で看護師さん3人も大喜びでした。
 
結局、今回の学びは専門外の先生では埒が明かないということを肝に命じました。
 
薬も合う、合わないが人の体質によって 違う事も知りました。
ヒロ先生、ありがとうございます。恥ずかしがらずにもっと最初からお願いしないでごめんなさい。
 

2020/11/7 土曜日

武道館ライブの記憶

Filed under: 人物 — patra @ 21:17:32

2020/11/1 日曜日

藤井風君の新曲 青春病

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 0:32:06

聴き込むと今でしか作れない風君の等身大の青春が広がります。最後のサビ部分が秀逸です。

藤井風作詞作曲「青春病」
 
「青春の病に侵され
儚いものばかり求めて
いつの日か粉になって散るだけ
青春はどどめ色
青春にサヨナラを

ヤメた あんなことあの日でもうヤメた
と思ってた でも違った
僕は 自分が思うほど強くはなかった
ムリだ 絶ち切ってしまうなんてムリだ
と思ってた でも違った
僕は 自分が思うほど弱くはなかった

君の声が 君の声が
頭かすめては焦る
こんなままじゃ こんなままじゃ
僕はここで息絶える

止まることなく走り続けてきた
本当はそんな風に思いたいだけだった
ちょっと進んでまたちょっと下がっては
気付けばもう暗い空

青春の病に侵され
儚いものばかり求めて
いつの日か粉になって散るだけ
青春はどどめ色
青春にサヨナラを

そうか 結局は皆つながってるから
寂しいよね 苦しいよね
なんて 自分をなだめてるヒマなんて無かった

君の声が 君の声が
僕の中で叫び出す
耳すませば 耳すませば
何もかもがよみがえる 

止まることなく走り続けてゆけ
何かが僕にいつでも急かすけど
どこへ向かって走り続けんだっけ
気付けばまた明ける空 

無常の水面が波立てば
ため息混じりの朝焼けが
いつかは消えゆく身であれば
こだわらせるな罰当たりが 

切れど切れど纏わりつく泥の渦に生きてる
この体は先も見えぬ熱を持て余してる
野ざらしにされた場所でただ漂う獣に
心奪われたことなど一度たりと無いのに

青春のきらめきの中に
永遠の光を見ないで
いつの日か粉になって知るだけ
青春の儚さを⋯
一部を表示

風君の新曲が素晴らしい。

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 0:18:56


風君の歌詞の組み立てにいつも驚きと感動を覚えrます。

歌詞です。
「野菜ばっかの生活しょんのに
腹が立つことちょっくらあんのは
カルシウムちと不足しとんじゃわ
おどれ(怒)

慎ましやかに生きていきょんのに
いつもなんかが邪魔をするんじゃわ
こんな時ゃ人目もはばからずに
踊れ 踊れ 踊れ 踊れ

かと思いきや正反対
とても平穏な新世界
願うはここへずっと居たい
もう限界
神様、力をちょうだい
あんたがいれば無問題

変わらぬものにしがみついてたい

あんたの軽ぃキック へでもねーよ
あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ
あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ
へでもねーよ バカじゃねーよ
あんたの軽ぃディス へでもねーよ
あんたの軽ぃヘイト へでもねーよ
あんたの軽ぃマウント へでもねーよ
へでもねーよそれでえーの?
帰れ うちへ帰れ
黙れ しばし黙れ
騒げ よそで騒げ
騒げ 騒げ 騒げ 騒げ

かと思いきや急展開
自分次第で別世界
作り変えられるみたい
信じたい
神様、力をちょうだい
一人じゃ何も出来ない

確かなものにしがみついてたい
一部を表示

© 1999 - 2020 Patra Ichida, All Rights Reserved.