2020/6/30 火曜日

田中泯の語る「葛飾北斎」を演じる。

Filed under: 人物 — patra @ 16:11:35


何度も読み返していたいので記録しておきます。

2020/6/26 金曜日

時間が早く過ぎて行く

Filed under: 人物,骨折日記 — patra @ 12:04:08

先週に続きリハビリの日、スライドボード無しの練習が思いの外上手に出来ました。ほぼ自分だけの力です。
進歩しています。それから部屋に戻ってたっぷり腕の運動、腹筋も。
先生はジム通いを始めて体重を3キロ落とせたそうです。。。
私はまだ変化無し、しかし、このところ日にちと時間があっと言う間に経ちます、充実しているのでしょうが?びっくりしてしまいます。
臨時で見えた新しいリハビリ先生も火曜に見えたのにアップする間もないこの頃
地球、大丈夫?と聞いてみたい。

窓から蓮池を見下ろせる日

Filed under: 日々雑感 — patra @ 11:51:06

リハビリの木曜日とお風呂日の金曜は車椅子に乗るので部屋の中を2時間ほどウロウロ出来て楽しいです。お花も窓の外も写真に写せる日。
お部屋のお掃除も時々します。
まだ疲れやすいので少しづつですがw

2020/6/18 木曜日

リハビリ頑張る。

Filed under: 腰痛日記 — patra @ 23:03:55

しかし問題は寝てる間に増えた贅肉でしょうか?体重計が車椅子対応は無いので今、分かりませんがこれ以上増えてはいかん!と息子に言われていた時より増えてると正月に言われました。

オヤツもやめ、うっかりお弁当だった時のご飯も辞めて8月までに体重を落とします。3種の痩せ薬も飲んでいるのにな〜

一向に効き目がありません。やばめ、やばめ〜

藤井風君の昨日の特番。見て!

Filed under: 人物 — patra @ 21:33:02

今度出したCDの裏面の影響を受けたアーテイストのカバー曲の解説をしています。うわ、これ見られた事はラッキーです。

子守唄だったという最後の曲、一体君は何と素敵な育てられ方をしたのか?と溜息つきながら感動してます。

残念、リンクできない。

それではこの名曲を、また消されるかな?著作権?で途中消されましたが、最近また見られるようになりました。
ピアノ、もっと良い音の軽いので弾いてもらいたい。
この時からプロデビューまで随分声の出し方、勉強したな〜立派です。


大好きなので、歌詞も永久保存しておきたい。
 
On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night.

There she stood in the doorway;
I heard the mission bell
And I was thinking to myself
‘This could be heaven or this could be Hell’
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (such a lovely place)
Such a lovely face.
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year (any time of year) you can find it here

Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys, that she calls friends
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
Some dance to remember, some dance to forget

So I called up the Captain,
‘Please bring me my wine’
He said, ‘we haven’t had that spirit here since nineteen sixty-nine’
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say”

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (such a lovely place)
Such a lovely face.
They livin’ it up at the Hotel California
What a nice surprise (what a nice surprise), bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she said, ‘we are all just prisoners here, of our own device’
And in the master’s chambers,
They gathered for the feast
They stab it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

Last thing I remember, I was
Running for the door
I had to find the passage back to the place I was before
‘Relax’ said the night man,
‘We are programmed to receive.
You can check out any time you like.But you can never leave!’
一部を表示

© 1999 - 2020 Patra Ichida, All Rights Reserved.