2019/6/28 金曜日

萩原健一さんの眼

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 10:15:29


この写真はとても惹きつけられる。一番はじめのカメラの前に立ったショーケンの最初のワンショットだそうな。
これを写せたカメラマンは幸運だと思った。
その様子をGQの記事に書いてあるが、彼がこのようにカメラマンを観察しながら受け入れる鋭い感性に驚いた。
脚本家志望だったことが、なるほど、演技に深みを持たせていたんですね。

2019/6/27 木曜日

渋いアラン・ドロンの朗読

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 9:52:39

年齢がいってもやっぱりドロンの魅力は衰えていませんね。
ウットリ聴き惚れました。
ミレーユとのプロモーションビデオや若きドロンの数々にも出会えます。永久保存ね

2019/6/25 火曜日

夢の中に父

Filed under: 家族 タグ: — patra @ 12:44:16

何度出てきたことでしょう?
生前は殆どゆっくり会話もしなかったのに不思議です。
夢では楽しそうで台所を片ずけている母や私の側でなんだかんだと話しかけて邪魔します。
そんな事はまず無かったのにw

いつも御茶ノ水の古い父のつくった家の居間で機嫌良さそうな父の姿です。
台所もお風呂場も見兼ねた私が自腹で作り直した場所です。
お直しに反対こそしませんでしたがこんなに嬉しそうに頻繁に出てくるなら褒めてくれれば良かったのにw

あ、思い出した。順天堂に腰痛で父が入院した時直したお風呂は暖房付きで温かい床でしたが
いつもお風呂で唄う歌が一段と大きい声に変わりましたね〜
嬉しかったんでしょう、彼の言葉は
「順天堂の風呂場は寒いぞ、ここは暖かくて楽だね」
素直に決して喜びを言わない明治男でした。

今朝の夢で唐突に思い出した事に父には背広2着しかプレゼントしていませんでした。
どれも高島屋の吊るしです。しかもバーゲン。
その時も「うん」と言っただけ、、、 続きを読む…

十文字先生の試み

Filed under: 人物 タグ: — patra @ 10:04:46


このシリーズは友人の方のコレクションとのコラボです。
実際に見てみたい試みです。
お互いが出会うことから新しい感性、触発される展示へと発展して行く、珍しいコラボレーションです。

2019/6/23 日曜日

ノートルダム大聖堂の復興支援メダル

Filed under: 家族,時代 タグ: , — patra @ 10:11:48

息子から「ノートル・ダムの復興支援メダル、届いたよ。今度帰る時まで待っててね」と写真が送られてきました。
おぉ!、重厚ですね〜 かなり重いのだそうです。

写真が多すぎて笑いました。
息子は、きっと私が、こうした支援を好きそうだから、と限定品を発表と同時に注文してくれていたのです。
好きです。お見舞いの代わりって言ってましたw
すごく嬉しいです。
ノートルダム大聖堂の復興支援メダル

ノートルダム大聖堂の復興支援メダル

続きを読む…

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.