2005/4/16 土曜日

長野智子さん

Filed under: 人物 — patra @ 3:00:56

朝まで生テレビやニュースの現場から・・でお馴染みの報道キャスターである
長野智子さんが忙しいお仕事の隙間を割いてブログを始められた。はっきりとご自分の立ち位置を把握され、意見を述べられる頼もしいジャーナリストだ。

昔、今はもう無くなってしまった会社、会田貿易というファッション関係の輸入元、日本へ一早くアルマーニを紹介した会社だが、そのガラス張りのオフィスへ良く撮影の洋服を借りに行きました。モデルや女優さんをイタリア直輸入のお洒落でシック、大胆な装いにするためにサンプルを借り出すのです。

ある日、そこで懇意になったプレスマネージャーの方からお電話を頂き、できれば長野智子さんの衣装も担当してほしいが?と打診をされました。もちろん長野さんはご存じないところで進行した話でしょうが・・・

CMフィルムと女優さんで体力的に手一杯な私は、ブラウン管の向こう側から笑いの種を振りまくバイタリティー溢れる若いアナウンサーの長野智子さんに、実は圧倒されていました。

「ひょうきん族で活躍されている方ですね、地味、大人向けが得意な私では、おきに召さずお役に立てないと思うのですが・・?」曖昧に自信なく答える私に「長野さんは、お笑い系の司会に甘んじるだけの方では無く報道番組へ転身を計るほど、強いジャーナリスト指向な意志を持っている方なんですよ」とそのプレスマネージャーの方はきっぱりと説明くださる。

どうやら新番組毎に、各地で公開ロケをするらしい、ロケは行かずとも服だけを用意してくれれば・・・という主旨だったのに生真面目な私はイージーゴーイングに物事を捕らえる事は当時、まったく苦手で、結局、お断りする他、なかった。TV業界や雑誌のハードスケジュールをこなすには、<足の悪いスタイリスト>・・である弱点を秘密にしていたい私には、スタジオ撮影以外’とても無理だった。相手方を慮ってお断りするしか無かったのだが、その時、いただいた話の印象がとても強列だったので、後にメキメキと頭角を表す長野智子さんを拝見する度に嬉しく「なるほどな〜」とプレスマネージャーの先見の明、アナウンサーがスタイリストを要求する勇気に改めて感じ入る思いがありました。時代を読む力が備わっておいでのお方だな!と。

ちょうどフジを止められた前後でしょうか。強い意志と弛まぬ勉強、現場主義を貫かれて着実にビッグな道を歩んでいらした長野さんだ。私が中途半端にお手伝いせずにいて大正解だったなっ・・・と改めて思うのでしたが、今回blogを読ませていただき辿った軌跡の素晴らしさと個性に、改めて感じ入りました。着実に理想を現実のものとするための努力は言うまでももありませんが。

喜劇性も鋭さも両面を合わせ持つ才能のお方です。お留守番犬アズキちゃんの可愛い姿が、また絶品です。

私が生意気にも仕事を断る理由はたった一つだけ、「ロケに行けない」それだけがネックだった。

それからほどなく、様々な曲面から力不足を実感した私は、若き才能と入れ代わるようにスタイリスト引退へと歩き始めた切っ掛けの一つですが、流れる時間を愛しく思うのこのごろです。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.