2004/10/9 土曜日

諦観する人生とは

Filed under: エッセイ — patra @ 2:22:37

わたしの両親はお見合いである。母方の伯父、宗教家の友松園諦の所へ出入りしていた読売新聞の記者が非常に面倒見のよい殿方で、年頃の姉妹が4人もひしめく正本家の様子を其れとなく見ていたのだろう、長女である母が淑徳女学園を卒業するのを待つとすぐ、これも懇意にしていた名医、武見太郎先生の元へ相談に行ってくださった。
母親同志が同郷というだけの縁だが、伯父友松の仏経講演に熱心に通っていた浅草小島町に住む袋物問屋の次男、父を紹介してくださり伊豆でお見合いをしたのだ。なぜ伊豆か?というと父は前年(昭和13年)東京帝国大学建築科を卒業したのはいいが、当時の日本はものすごい不況の就職難。官僚には成りたくない父は就職口が見つからないまま、酒ばかり飲んで遊び暮らしているうち肺に影が出て、武見太郎先生の勧めに従い伊豆で初期療養していたからだ。
嫁とりの条件は「身体が弱い事を承知で、看護婦のつもりで来てくれる人」が必須だったらしい。ずうずうしい条件だ。
一方母は器量が悪い自分が売れ残ると後につづく綺麗な妹たちに迷惑がかかるから、適当な所でサッサとお嫁に行こう!と秘かに決心していたようで見合いは即決した。
母を選んだポイントを、大人になってから父に尋ねたところ、前を歩く母の首が細かったのが良かった・・・だそうである。母は尊敬する伯父や先生方の推薦だからと見合い写真を見ただけで嫁ぐつもりで、断られるかもしれないことは考えなかったそうだ。目出たしな話である。

以下このお話は長いので
エッセイのページに移動しておきます。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2017 Patra Ichida, All Rights Reserved.