2004/10/10 日曜日

ごはん中

Filed under: 日々雑感 — patra @ 2:43:00

あんまりデタラメな時間帯を生きているものだから、私へ電話する人はとても困るらしい。
携帯を持っていないし(壁のせいか一部の機種しか通じない)壁際の電話機までちょいと時間がかかるからすぐに出られない。そんなこんなで終にさっぱり電話が来ない、みなメールで事が足りるしね・・・と思いながら、夜のごはん、ひとりでゆっくり食べましょう、と牡蠣の味噌汁(大好物、葱のみじん切りにあれば柚子入り七味)ほわ〜んと湯気が立つころあいのお椀、牛筋肉の味噌煮込みを盛って、小さい缶ビール!キュウリの糠づけで、とにんまりテーブルに着いた途端に電話が鳴った。ギクッ。

横目で味噌汁の湯気を気にしつつ電話を取ると、オォ、懐かしの先輩、「ご免なさい、何時ごろ電話してよいか分からないので、お食事中じゃない?」
慌てて首をふりふり「大丈夫ですぅ、おげんきでしたか〜、こちらこそ、ええ、いえ、いいですよ、何かしら?」と目は湯気のお椀を追いながら・・・絶対に食事中です、とは言えない性格です。
色々話しているとすっかり夢中でお喋り、じゃぁ・・・と先方が電話をきると、テーブルにはすっかり冷めた牡蠣の味噌汁、暖めなおせば身が固くなるし、よしっ、とそのまま口へ。「でもうまぁ〜い。冷めても美味しい牡蠣君はえらい!」とか猫達を相手にひとりご飯をします。でも、なぜだか出しっ放しで水滴のたまった缶ビールは飲みたくないので必ず取り替える私ですが、横着なんだかマメなんだか。
臨機応変、何が起きても生きて行くを旨にしているけど、ぬるいビール・・・だったらビールは私の人生から速効で消えますね。
「分かった!ビールを止めるにはお燗すればよいのだ!」と大声をあげたら猫が上目づかいに私をみて、大口開けて欠伸と返事とを一緒にする。
「ふぎゃぎゃにゃわ〜〜〜〜わぅ・・」訳すと「ばか言ってなさい*」

  1. 電話って、かけるタイミングがむずかしいですよね。
    サハラも苦手です。実家の母によくカードを出します。
    先日の「毛がに」の時は、
    毛がにをどアップにしたカードを作って送ったら、
    ウケました。へへへ。

    牡蠣の味噌汁、牛筋肉の味噌煮込み、キュウリの糠づけ
    おいしそう〜。
    寒さへ向かうこの季節、暖かい部屋で飲む冷たいビールはおいしいです。

    Comment by サハラ — 2004/10/10 日曜日 @ 7:02:56

  2. おはようございま〜す>サハラさん
    冬の方が好きな私です、牛すじが使えるからでしょうか?一晩中煮込んで
    脂を取り除き、カレーにしたり、大根と煮たり、味噌煮にして唐辛子と葱で食べたりと頑張ります・・・お肉やさんに頼んで1〜2キロくらい貯まると電話をしてもらいます。
    コンドロイチンが多いので老人も喜びます。

    どうもビールが好きで困ります。しんぱいだから小さい缶でがまんです。

    毛がに・・・といえば朝市よりも通販のほうが良いですね。「北国からの贈り物」とか検索します。

    Comment by patra — 2004/10/10 日曜日 @ 8:00:58

  3. たびたび、です。
    patraさん♪ 我が家も、牛すじ大好きなんです。
    やっぱり一晩中煮込んでカレーやスープになります。
    ウチは「カレーにしてね父〜さん♪」。牛すじは夫担当です。
    コラーゲンも多いとか。お肌に嬉しいですよね。

    明日は夫の母の誕生日。
    今年もみんな元気に迎えられてよかったなぁ〜、としみじみ思います。
    お誕生会の準備等で今日明日はPCお休みです。
    目と肩がこっていたので、ちょうどいい休憩となります。ふふふ。

    Comment by サハラ — 2004/10/10 日曜日 @ 8:52:58

  4. こんばんは!
    今日は浜名湖花博って言うのに行ってきました。
    早起きして。
    明日最終日なんでむっちゃこみ、だった。疲れたよー

    といいながらパソコンに向かっている私って・・

    牡蠣の味噌汁。やってみよう。土手なべ、っていうのに似てるのかな?
    牛すじもうまいよねー。私はいつも時間と勝負なので
    圧力鍋で煮込んでしまいます。
    うちのほうでは豚モツっていうのも良く使うんですが
    東京方面では使わないのかな?臭いが嫌いな人もいるみたい。
    何はともあれ煮込みのシーズンだよね、これからは。

    Comment by rosemary — 2004/10/10 日曜日 @ 20:50:29

  5. >rosemaryさん
    牡蠣の味噌汁は、まず出汁をカツオ節でとります。(インスタントでもフレーク状が良いです)出汁の煮立った中に味噌、白と赤半々溶かす、薄味。そこへ洗った牡蠣(水に浸かっていない)広島の煮る専用、断然味がちがいます。小振りなものだけ入れてサっと。みじん切りの葱の天盛り、柚子、なければ赤唐辛子の七味。

    土手なべとちがい、うすいお出汁の味と味噌、牡蠣の味で酒の肴になるように飲むための椀ものです。
    2杯くらい食べます。おいしいですよ〜〜豆腐を入れても良いしナメコもあれば。

    豚は良い肉やさんが見つからないので内臓が手に入らないのです。残念。

    Comment by patra — 2004/10/11 月曜日 @ 6:04:08

  6. う、うまそうです

    牡蠣の味噌汁。食べてみたい・・・
    私が作らなければだれがつくるのだ ははは。
    水に浸っていない牡蠣、見つかるだろうか。

    Comment by rosemary — 2004/10/12 火曜日 @ 1:07:34

  7. 煮る用、計り売りでホーローのバットに入って売ってない?

    牡蠣フライとかグラタン専用、水につかってるパックは生食用みたい

    Comment by patra — 2004/10/12 火曜日 @ 7:31:30

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.