2004/10/5 火曜日

みつけた

Filed under: 感想 — patra @ 1:17:03

さいきん見つけて気になる何処の誰だか知らないけれど運ぶ空気がくせもの・・・論客かもしれない。(笑)

ここの名言集に有る、ハンフリーボガ−トとココ・シャネル、それにジンジャ−・ロジャースというよりサン・テグジュペリの言葉、これ昔息子が私に教えてくれたな〜

ココ・シャネルの言葉につづきをつけるとしたら何を加えましょうか?ほら、長寿国になったから50歳過ぎた女の顔は自分の功績だとして60過ぎたら?
孔子は60にして化す・・・だった。70歳でわきまえろ!、だから女子はこれかな?

さっき、ジョージ秋山の漫画「武士道とは死ぬことと見つけたり」読みました。
「葉隠」から96の箴言を選んで彼流に漫画にしてます、どうも独特の解釈だわね、原文を読んでいると若干違うけど、秋山氏、練り上げる時間が足らなかったように思うのは私だけかな〜。カバーを外しました。題字だけが良かった。「伝習録」とか「葉隠」いちどは原文がおすすめ。

作家、山川健一さんの『幕末武士道、若きサムライ達』サブタイトルが「武士道とは愛することと見つけたり、日本人が失った大切なもの」が届くのを待っています。今度は近所の本屋さんで注文します。いよいよ赤い本も手に入れ『赤青』揃い踏みになるわけです。
読む時、カバーを外すほうが良いかも。

  1.  こんにちは、サハラさん(http://sahara.jugem.jp/)が「patraさんのblogを読んでいたら、今日からコメントを受け付けるようになってました」と教えてくださってから、書き込みしたいなと思いつつ、ぼくのことが話題になっていたりするので、なんとなく照れ臭く、遅くなってしまいました。でも、毎日アクセスしてます。
     じつは息子さんのマザーサイト……という言い方は変かな?
     http://www.kyo.com/
     何度か覗きました。
     ものすごく華麗ですね。トップがものすごいです。しかも3つの言語に対応してるし。これだけのマック使いで自画像も上手だし、コンピュータや文章の先生としては厳しそうですね! さすがにプロフェッショナルはちがうなと思いました。
     patraさんのサイトは、温かい友人の居間にお邪魔しているようで、ほっとします。これからもよろしくお願いします。

    Comment by 山川健一 — 2004/10/6 水曜日 @ 12:12:04

  2. 山川さん
    いつも暖かいお言葉をいただきありがとうございます。
    息子のサイトもご覧頂けたのですね♪、非常に感激です。
    マザーサイト!母艦サイトですもの、とても似合った呼び方ですね。
    仕事でルーブル美術館の日本語版、バーチャルツアー( http://www.louvre.or.jp/louvre/QTVR/japonais/index.htm )も作っています。たぶん今年いっぱい?の公開なので。
    山川さんの文章こそ簡潔にして明瞭、流石作家、プロの技、ぜひ見習いたいものだ!と申してました。
    音楽好きの車好きです、彼等が日本へ帰る時には遊びにいらしてください。

    しかしここのlivedoorblogメンテナンスが多過ぎで困っちゃう、さっき山川さんのコメントを拝見しすぐにもお返事を!と思った次の瞬間にもう入れないのです(笑)。

    温かい居間・・・そう考えていただけたらサイトの目的は果たせているのかも・・・
    マイペースですがこちらこそどうぞよろしく。

    Comment by patra — 2004/10/6 水曜日 @ 18:52:50

  3. こんばんはpatraさん、
    わあ山川さんがコメントしてる・・・すご〜い(羨望)
    イチローが言ってたよね。
    「小さいことの積み重ねが大きい結果を出す」って。

    ほんとに藻屑の私にはpatraさんはまぶしく見えるほどの存在だけど、やっぱり書くことをこつこつされてきたから、
    石ころの中の宝石になれたんだよね。(石ころの中、とはネットの中に限ることです。お仕事でのご活躍は想像に難くないです)

    まねしてるみたいだしずうずうしいけど暖かい居間に私もお邪魔させてくださいね。
    お土産に桜海老もって行かなくちゃ(笑)
    kyoさんのサイトも見に行ってきました。
    なんたることか山川さんのコメント見るまで気がつかなかった。
    HP作りを勉強してる、なんて聞いてあきれます。
    ただ、リンクの仕方が、ただもんじゃあないな、って
    patraさんのところに来るたび思ってました。

    スタイリッシュでほんとに素敵。
    patraさんが、直接は作っていない、ということですよね?
    でもkyoさんもpatraさんの美意識に大いに影響されて
    こういうデザインのサイトができているんでしょうね。
    素敵です。
    ああ、なんだか長くなってしまいました。
    またメールしますね

    Comment by rosemary — 2004/10/6 水曜日 @ 23:07:56

  4. ええ、私は絵と写真とエッセイを書くだけですよ>rosemaryさん。
    全くタグが扱えなかったんですがリンクだけコツを教わりました。でもカット&ペーストで見本を何度も使いまわしです・・・爆笑。

    もう何か一つ覚えると何かはみ出ます。なさけなし。
    桜えびは大歓迎。

    息子は完全にプロです。絵もプログラムも両方できます。何より性格が良い(あ
    地震だ!)

    Comment by patra — 2004/10/6 水曜日 @ 23:46:42

  5. わっ、山川さん、覗いて下さってありがとうございます!でも、気のせいです。
    言語対応もちゃんとしてませんしもう7年くらいデザインが変わっていないため古くさくてウンザリですし何しろ更新してませんし・・・来年は十周年なので変えたいとは思っているのですが・・・自分のHPは何よりも後回しです。
    ちなみに似顔絵は昔patraが30秒くらいで落書きしたものです。結構助け合い親子?かもしれません。
    先日、山川さんが19歳のときお書きになった『天使が浮かんでいた』を拝読しシビれました。それに比べれば(比べるのも失礼ですが)勢いも価値もない捨て置かれたページに過ぎません。

    rosemaryさん、気のせいです。
    藻屑じゃないですし、(こちらは)スタイリッシュでも素敵でもないですし、ただもんです。

    patraさん、気のせい過ぎです。
    親バカもほどほどにしなさい。

    Comment by kyo — 2004/10/7 木曜日 @ 9:19:34

  6. ぐふん、patraが一番のファンじゃなくて
    誰が味方するのさ!>Kyo兄貴!
    自信と地震が引っ掛けてあるんだけど。ダメだね、誰も突っ込まないや。たはは

    Comment by jovanni — 2004/10/8 金曜日 @ 18:05:01

  7. 実はこのサイトに間違えて来てしまったんだけど、今はこのサイトのことを知ったことを運命だったって思います。すばらしいサイトです。

    Comment by wpt com — 2005/12/16 金曜日 @ 10:35:58

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.