2008/3/3 月曜日

シーファー駐日米大使が遺憾

Filed under: 時事,時代 — patra @ 2:32:27

昨日、書いた沖縄米兵不祥事の不起訴についてアメリカ駐日大使が1日、「釈放されたからといって終わりにはならない。容疑者の身柄は押さえており、米軍側で必要な捜査は続けて行く」

当たり前なコメントを発表した。
今後、軍の規律を強め再発防止へ引き締めて行くと双方で確認。陳謝と遺憾の念を発表したと産経に出てました。

このリップサービスが日本政府側の厳重抗議から引き出されるようだと、日本国民も政府に対しもうちょっと安心できるんだけど・・・いつも後手後手!会談はシーファー大使側が申し入れた。

10手先まで、反応を読まれている日本って本当に対外交政策が無策。

先手必勝は昔から日本の得意技だった筈、外交カードを切れない政府って胆玉が無さ過ぎです。

お節句ですが苦言。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.