2008/3/2 日曜日

「それでもボクはやってない」

Filed under: 日々雑感,時事 — patra @ 6:19:54

鶏レバーとニンニクの芽
近所に美味しい焼き鳥屋さんが無いのがざんねん、時々無性に軟骨とか食べたくなります。
きのうは母がクスクスを大喜びで食べてくれました。いっしょに映画「それでもボクはやってない」を見るつもりだったのに夜9時は遅いらしく2階へ行ってしまったので、大急ぎで鶏レバーとニンニク芽を生姜と醤油、お酒で煮て朝のおかずを用意し、映画を見る。
何だか日本の裁判制度、調書、作文による検察のでっち上げに寒気がしました。恐いとしか言い様がない。

最近思う事がもう一つ、沖縄の米兵が不起訴になったニュースの扱われ方の小ささについて腑に落ちない。
被害にあった少女が取り下げたそうだ。ふしぎな事にどのマスコミもロス疑惑の再逮捕のニュースばかりを追い何故今になって「そっとしておいて欲しい」という少女の言葉を伝えるだけで米兵が不起訴処分になる理不尽を追求しないのか?

疑り深い私など、これはひょってして国家の威信に関して異常反応するアメリカがロス疑惑を掘り起こし,問題をすり替える作戦に又も日本のマスコミが乗ってしまったのじゃないか・・・等と思うわけです。
この映画といい最近の事件報道の尽くが底に流れている一種きな臭さに胸が悪くなるのです。

昔とは世界の価値観が大きく変わった現在,誰もが情報をシェア出来る時代だが、まだまだ大国といわれる国々の情報操作の恐ろしさに我々日本人が一番甘く鈍感なのじゃないのだろうか?、考え過ぎは置いておくとしても、今後の裁判制度を考えるとリアルな良い映画だけに暗澹とし後味の悪い思いがするのです。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.