2006/12/24 日曜日

そもそも花がきっかけでした

Filed under: 家族,料理 — patra @ 2:28:06

花花昨日は裏の工事人がキツく注意しておいた手壊し部分をユンボで見事に穴を開けてしまった、我が家の塀に密接してる風呂部分を壊すときには手作業で願います、の約束が下請け工事人に破られたのである。そのせいか花屋から届いた花まで気に入らず怒りん棒になってしまった私。フミちゃんに無理にお願いし買いに行ってもらいました。晩餐空気までがすこぶるあやしい・・
というのも朝から夕方まで3階に内線してもウンでもスンでも無い事態にスワ!隣の工事の影響でガス漏れでも!?と心配症が炸裂したのでもありますが何と寝坊し過ぎ死んだように寝ていただけそうです。人騒がせな・・・・
お店でポタージュ用のミルクやら買って欲しかった私、アテが外れる有りもの作戦。
というか全部ラクーアに予約した鶏やケーキなので食欲が見事に湧きません。お婆ちゃんもフミちゃんもパス。「鶏に罪は無いよ」という息子が一人残ってバター醤油で焼き直した鶏を上手に切り分けてくれます。君は大人だ・・・。
カボチャポタージュ鶏の丸焼きデコレーションケーキ「こんな事もあるさ・・」と冷静沈着な息子に篭を持たせ「これフミちゃんのノルマね!」と鶏とショートケーキを入れる。

ケーキ家族全員が何となく疲れて勝手した夜でした。
息子が器用に解体してくれた鶏、残りの身はサンドイッチに活用、骨はタマネギとスープになります。大根サラダや椎茸や春菊のソテー、牛乳無しのスキムミルク入りカボチャポタージュを美味しいと食べてくれる横顔を見ながら女親卒業を再度徹底しないといかんな〜と思った夜です。
1番疲れている息子が後かたずけを手伝おうとするのが,これ又切なかったのでトットと3階へ帰す。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.