2006/9/8 金曜日

手のなかの勢至菩薩さま

Filed under: 人物,日々雑感 — patra @ 1:48:05


私が一目みて憧れてしまった,吉祥天や観音菩薩さまをお造りになった仏師安田明玄氏にお願いして作って頂いた香合仏が遂に私の手元に届きました。


こんなに美しい袱紗袋に入れてあります。


これは花弁形といって花びらのような形をしています。普通は丸いのですが、私はこの花弁形にして頂きました。
安田先生が二枚の木を手でくり抜いて作ってくださった素晴らしい意匠です。

無理をお願いして蓋の裏には蓮の花も浮き彫りにしていただく・・という贅沢なお願いも聞き届けていただき、ピッチっと合わさった蓋、開けるまえに胸がわくわくするほど緊張しました。

お見せしてよいとお許しをいただいたので

素敵な勢至菩薩像です。ご覧下さい。




私の手のなかに収まる勢至菩薩像は合掌したお姿です。

料理を熱心に作るわりには,私は手も障害のせいか両手を合わせて合掌したくとも掌を合わせると指がのびてくれせん。

それが悩みの種でした。常に掌の中の仏さまが不自由な私のかわりに合掌なさる姿を頂けたら、それはすてきなことですよね?♪

そう願いつつ聖観音菩薩像では無く、合掌したお姿で阿弥陀如来さまの脇に従う勢至菩薩さまを彫っていただくことをお願いしたのです。快く引き受けてくださった安田先生に大感謝です。

実に細やかな細工に目をみはるばかりでした。勢至菩薩さまのお顔もお手も・・ふっくりとしたお腹のお臍も愛らしいお姿です。

デジカメでは良く写らないので叱られそうですが実物の神々しさは誠に素晴らしいものです。よい匂いの木は白檀かな・・・

私の護り本尊だし、これからはどこへゆくにもご一緒です。
きっといつか木肌がツヤツヤに磨かれることでしょう。

高価な化粧品や洋服を購入するより何より
心の贅沢をさせていただきました。

追記
安田先生から師匠松本明慶先生の放送延期をお知らせするのを忘れてました!と連絡をいただきました。
9月22日の22時〜に変更されたそうです。
またそれを見逃しても9月26日0時に再放送があるとの事です。

12 Comments »

  1. とても美しい菩薩様ですね。
    そして掌サイズとは、なんか可愛らしい*^^*

    私は仏像を見るのが大好きで、本当は仏師になりたいくらいなのですけれど、かなり不器用なので、いつか年をとったら、自分のためだけに、
    仏像を彫れたらいいな、と思っています。
    近々大阪へ行くので京都にも寄り、仏像を見てくる予定だったのですが、時間がとれるかどうか難しくなってきました。あぁ、悲しい。。。

    コメント by ヒロ子 — 2006/9/8 金曜日 @ 23:01:12

  2. 安田先生にお知らせいただいた番組が高校生の龍建立に変わってましたね〜
    懸命に力合わせて作りあげる協調性を学ぶ・・これも素敵でした。
    慌てて記事を削除し書き直そうとしてたらヒロ子さんのコメント発見♪

    掌サイズ、もう見事にちいさく精密です、そして可愛い。
    私も手さえ器用だったらと思いました。

    二尊院だけでもごらんになれるといいのに・・京都に行かなくなってもう20年です。悲しい連鎖。。。という事は最早無い私。

    母が痛みを増してきたらしく,薬の副作用が出てきていますが、どう対処もできませんのが悩みです。

    コメント by patra — 2006/9/8 金曜日 @ 23:23:02

  3. わ、凄い!
    最初ある程度の大きさがあるのかな?と思ったらなんと手のひらサイズ!?
    意匠も素敵だし、良かったね!!

    コメント by kyo — 2006/9/9 土曜日 @ 4:52:37

  4. そうなのよ、小さいのに大きく見えるところが凄い!♪
    ミニチュワールな世界なのに完成度が、まさに名人の技です。

    今年も帰ってこれるらしいですね、決まったらまた知らせてね。

    コメント by patra — 2006/9/9 土曜日 @ 6:24:45

  5. ためいき。
    うつくしい!

    コメント by みさちん — 2006/9/10 日曜日 @ 8:59:30

  6. みさちん
    うつくしいでしょ!

    東京に来てたの?電話でお話くらいしたかったです。
    忙しそうで何より、事務所がすてきになってきましたね♪

    この香合仏がやってきたので
    一段と気合いをいれてみなさんの幸せ、祈ってますから。

    コメント by patra — 2006/9/10 日曜日 @ 10:07:09

  7. 近くにいました!
    フォーシーズンズに泊まったのです。(なんとビジネスホテル値段でした。うふふ)
    けどホテルにまで仕事持ち込んじゃっていたのでハードスケジュールでした。
    ほんとは、patraさんに少しでもお会いしたかったと思っていたんです。
    cdジャケットデザインしたので、ツアー初日に顔出しに来てました。
    ジャケットはこんなふう。↓
    http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave/pikaia/pikaia1.html
    cdデザインチームでコースターもデザインしたのでそれらも一緒にライブハウスを回るんですよ!
    cdが手元に届いたら送りますね!曲はkyoさん向けかも。打楽器と管楽器がいっぱい。

    >電話でお話くらいしたかったです。

    うわあ、うれしい。今度はお電話させてください♪

    コメント by みさちん — 2006/9/11 月曜日 @ 5:59:29

  8. お久しぶりです、Patraさん(^^)
    あっという間に9月ですね。熊本は朝晩涼しくなりましたよ。

    私はなんとなくですが最近観音様や仏像が気になっていました。。。
    表紙の可愛さにそっと手に取った本は、寂聴さんの観音経の本だったり、思わず目のいった写真集は仏像の物だったり。。。

    携帯の待ち受け画面も、自然に千手観音にしていました。私の名前の千恵子の千が入っているので千手観音は好きなのですが、なんと読み方は知りませんでした〜(せんしゅかんのんと言っていました(笑))50代の英語の生徒さんが調べて(調べた・・・ということは、その生徒さんも知らなかったんですね、くすっ)教えてくれたんですよ〜。

    コメント by chiekoその1 — 2006/9/11 月曜日 @ 23:26:39

  9. 勢至菩薩はなんと読むのですか?せいしぼさつですか?もしそうなら静止を想像してしまいます。「心静かに」というのが、最近の私のテーマです。

    それと仏師安田氏のHP拝見しましたが、大変美しいですね。すてきでした。

    Patraさんに替わって合掌なさっているPatraさんの勢至菩薩はPatraさんと同化しているように感じます。

    コメント by chiekoその2 — 2006/9/11 月曜日 @ 23:27:09

  10. chiekoさん、おげんきでしたか?
    あなたはオートバイにお乗りですから心して祈るお気持ちを習慣になさるといいのですがさすがにちゃんとご自分から手にとったりと、素敵です。
    千手観音さまは万物をお救いになる仏様、貴女にピッタリ♪
    勢至菩薩さまはその通りに読みます。

     マハースターマプラープタ(Mahasthamaprapta, mahA-sthAma-prApta)。
    八大菩薩の一つ。 勢至菩薩 大勢至菩薩とも呼ばれ、衆生の無知を救う仏の智慧を表します。
    智慧明瞭・現世安穏、極楽往生 午年生まれ十二支守り本尊

    サンスクリット語では「マハースターマプラープタ」は、「偉大な威力を獲得した者」を意味します。
    阿弥陀仏(アミターバ)のそばに仕え、その智慧の光でもって、いっさいのものを照らします。
    また、名前の通り、威力が強く、足をひと踏みするだけで、三千世界はもとより、大魔王の宮殿さえも激しく揺るがすといわれています。

     

    コメント by patra — 2006/9/11 月曜日 @ 23:58:44

  11. 梵語を漢訳する大勢至(偉大な勢力)菩薩の意訳で摩訶那鉢(まかなはっ)とも呼ばれており観音菩薩と共に阿弥陀三尊を形成します。三尊像の他に絵画で山越阿弥陀図や二五菩薩来迎図などに描かれます。勢至菩薩は観音菩薩と並んで来迎形式の阿弥陀三尊の脇士として有名ですが、観音のように一尊が独立して信仰されることはほとんどありませんでした。三尊形式の場合、そのお姿は観音とほぼ同じとされていますが、蓮華台を持った観音に対し、合掌した姿で表されることが多く、今まさに往生しようとする衆生を極楽浄土に迎えてくれます。観音の慈悲に対し、勢至菩薩は仏の智慧の光を象徴しておりあまねく一切を照らし出しています。(仏典より)

    同化したいものと密かに知恵だけでも絞って暮らす日々です。

    コメント by patra — 2006/9/12 火曜日 @ 0:02:38

  12. >みさちん
    そそっかしいPatraがお返事を抜かしていてごめんね(汗)
    打楽器が大好きですよ〜ぜひCDが出たら送ってね、ここ最近アクセスが落ち気味だけど宣伝しますぜ。

    僕の名前にリンクしておいたので、みなさんもみさちんのCDデザインをみてあげて・・あの線は何をイメージしてるか想像して喜んだオイラです。

    コメント by お知らせjovani — 2006/9/15 金曜日 @ 15:01:53

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2023 Patra Ichida, All Rights Reserved.

モバイルバージョンを終了