2019/1/16 水曜日

去年マリエンバードで

Filed under: 感想 — patra @ 1:56:20

あるFBつながりのところにリンクしてあった「去年マリエンバードで」を発見!!、これはまだ20歳頃に夫と見た映画で
何一つわからない映画だった、と記憶している。
モノクロの幾何学的な造形の庭、ロココの装飾が見事な豪華ホテルでの3角関係の殺人だったのか?・・・
アラン・レネ監督 脚本がロブグリエ、当時、1960年代アレキサンドル3部作として人気のあった、これも少しもわからない小説の映画化だった。
懐かしいので映像を見てみたが、やっぱりサッパリわからない。
確か夫はこの小説に出てくる「2度とこの世では」と言う香水を私に贈りたがったが、どこにも見つける事が出来なかった。
何年か後に仕事で行ったパリからグレのカボシャールを買ってきてくれました。
あんなに貧乏生活だったのに、似合わない夫の好みでしたw

2019/1/15 火曜日

ジョブス映画を続けてみる

Filed under: 人物 — patra @ 23:50:16

2本見てよかった。作品的には2016年の映画が圧倒されるけれど、マニアックすぎて、わかりにくい構成でしたが・・・
天才の黒い部分。まさか自分の娘を長い間、認めなかったとは、すごいイメージダウンでした。
自宅のガレージから出発するアップルですが、挿入されるジョブスの両親がとても気を使い大事にしているエピソードが
次に見た映画では、実の親ではない事が分かり、あぁ、あの気の使い方はジョブスが養子だったからか?とわかったり
それぞれを補い合う意味で続けて観てよかったです。
実の娘を認めないジョブスの闇、iPadころは解決できたようで、ホッとはしましたが・・・

二人の天才の周り

Filed under: 人物 — patra @ 23:34:25

パソコンがない世界など、もはや考えられない時代ですが、そのパーソナルコンピュータを慣性系にした二人、ライバルでありながら本当はお互いをリスペクトし合っていた、と言うお話です。永久保存しておきたいwジョブスとビル・ゲイツ。彼らを知る証言者たちのドキュメンタリー

2019/1/13 日曜日

上田薫さん90歳、現役

Filed under: 人物 — patra @ 23:26:06

大昔、スーパーリアリズムを描いていらした上田さん、懐かしい。作品をお借りし、尚、使わなかったという大失態をしてしまった若きスタイリスト時代に、大変にお世話になったのです。
90歳、未だに元気に絵筆を握っていらっしゃるのが、とても嬉しいです。

寒かった

Filed under: 日々雑感 — patra @ 3:04:26

やっと冬を実感した日でした。
雪も降ったらしいけれど。それは見れませんでした。
この寒さの中、ボートが出ているのにはたまげました。健康な人たちね。

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.