2010/11/28 日曜日

涅槃に直行

Filed under: 家族 — patra @ 1:28:29

IMG_1546CIMG8645CIMG8665退院してから暫く元気だった母は看護師さんや叔母、ケアマネジャーさんに「この景色も素晴らしいけれど何よりパトラがしてくれた事が一番なのよ、こんな事、誰にも出来ない」とエアマットレスに代えた事や諸々の気配りを非常に喜んで話すのを聞いてると、ちょっと嬉しかった。
ダイレクトに母が人に話すのを聞くのは初めてだし引っ越しで,同じフロアーになったお陰です。

命の灯火は消えかける時に一段と輝きを増す・・・というように母が元気に叔母や姪と話していた先週の火曜から僅か1週間後、火曜に再度先生がきてくださった時はほぼ意識朦朧な危篤状態・・・翌25日の朝,眠ったまま静かに亡くなっていました。
夜の1時半まで側に居ましたが苦しむ様子も無くスヤスヤと軽い寝息をたてていましたから・・朝6時15分に覗いたときは少しお口が開いてましたが暖かでした。

洗面と身支度をして戻ってみると?何か死相が。早速先生の携帯に連絡を入れ看護師さんにも電話する。急いで駆けつけてくださった先生が診察なさり「7時30分、臨終です」と用意された死亡診断書を書いてくださいました。
遂に来たか!涙より何よりお寺さんと葬儀屋さんの連絡です。看護師さんも駆けつけ身体を清め、「何を着せますか?」と聞かれ紫色のウールのロングドレスを出して着せて頂く。痩せてた時の私のチューブドレスがピッタリ似合っています。息子達には戻らなくて良いとメールしておく。

その間も葬儀社さんお寺の方丈さんと打ち合わせ。私の希望、その日のお通夜、翌日の荼毘がセレモア筑波さんの手配で迅速に決まる。献体を希望してた母の意志には、悪いけど逆らって、これ以上痛い思いをさせたく無いので普通にお通夜と葬式を我が家で母方の親類だけと父の姪、私の姉のご主人と娘だけのササヤカなお葬儀です。それでも前のヘルパーさんや看護師さんも来て20人くらいになりました。
「どうしたの、美代ちゃ?あんなに元気でお花見するって言ってたのにぃ」と2つ下の叔母さまが泣く、私も泣く。
親戚だっという事もあるが方丈さま自ら門番からお茶汲みまで気を配ってお経以外にも活躍くださるので恐縮してしまう。50ねんぶりの従妹とか懐かしい、全員この窓からの景色の壮観なことに驚いて、母は幸せだったろう、とたった20日の自宅養生でも慰めてくださる。

翌日、早朝なのに高齢の叔母さまはシャンとして焼き場まで・・・私の代わりに母の骨を拾って下さる。
天蒸篭で精進落としをしお開き・・・
亡き姉のご主人にも手伝ってもらい無事通夜と葬儀を終え久しぶりに夕方6時から12時間も寝てしまいました。腰と背中が痛くて目が覚めました。
母の遺骨は桜を見せてから墓地に埋葬するつもりです。

遺骨と遺影の前に枕お団子を8個ずつお供えしキッチンに戻るとコン!と音がする。何だろうと部屋に戻ると何とお団子一つ床に転がり落ちています。

不思議に、2度も団子は転がるのです。16という数がお気に召さないのかしら?
それとも・・・いや、言うまい。
実はお供えする前にフッと一瞬味見したい衝動にかられたのを見破られたのですね、母に。それで投げてよこしたんでしょう。3回も転がったなんて・・・・尋常ではないでしょ。
拾って口にほうり込みましたとも。母と私のさいごのユーモアです。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.