2010/6/14 月曜日

成る程・・・

Filed under: 家族,料理,日々雑感 — patra @ 1:17:01

CIMG7303CIMG7307IMG_0532考えてみたら,母のここ8年程の食欲は異常でした。若者並みにお肉を食べたがる・・・
それが昨日は「食べたくないのよ、なぜだろう・・・」と本人もショボンとする。
あれ程好きだったお肉、不思議だと思ったが、あ〜そう言う事か!とある現象に気がつきました。

父の亡くなる1年前だから。今から8年前、彼女は人工股関節の手術(両足2回づつ計4回)の後、一番最後の右足の骨を採取したところが膿んで感染症を起こしていたのです。
消毒するしか方法が無いので8年間東大へひたすら通い,更にお風呂後、訪問看護士さんに消毒して頂く日々が春まで続いてました。
8年間もの長き日々です。その傷が遂に塞がってしまったのです。
毎日流れ出てしまう血液で貧血になっていた母にお医者は「栄養、栄養を取りなさい」と言い続けていました。
傷が塞がればかえって危険!と迄、言われていたのに熱も出ません。もしや感染症の黴菌に母の栄養たっぷり体力が勝ったのならば?直ったのかもしれません。
だったら、もう若者みたいに食べて貧血と闘わなくとも良いのでは?経済も助かるぞ。

一方、裏の工事で発病した胃がんの方は着実に胃の上部と下部で腫瘍を大きく育ててしまっていたのでしょう。嚥下障害がはじまりました。
前のように必死にタンパク質を補給せずにお粥と鰹節くらい、温泉タマゴくらいでも佳しとしないと・・・一つ坂を超え、もう一つの危機か?と思ったが,慌てずに無テカツ流で行こう。「絶対に恐いから手術しない」と今は言ってますが苦しくなって当人が求めるならば、其の時考えましょう。

「私、お饅頭ならたべられそう・・」ふんふんと聞き流す私です。
フレンチトーストとカッテージチーズは少し召し上がりました。
(写真のお皿は同じですが大小です。)

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.