2009/2/10 火曜日

塩玉子の作り方

Filed under: 家族,料理 — patra @ 16:49:36

cimg9818.JPGつみれ蕎麦

心臓の肥大が心配される母の最近のお気に入りは近所に出来た「なか卯」のお持ち帰り海老天蕎麦・・・薄味で美味しいとご機嫌です。私には白醤油の味でしっかりと塩分を感じるので昨日は自分流のいつものつみれ蕎麦をつくっておきました。ま、ワンパターンですけどね。薄味が素人っぽいのが悔しいけど身体にはいいでしょ?。母、返事なし。

お昼の後、いっしょにTVを見ていたら塩たまごの作り方をやってました。駅で売ってる例のゆで卵に塩味のするやつです。母はそれが大好きなので「え、企業秘密じゃないのね、作ってよ!♪」と 大はしゃぎ。

茹であがった玉子を濃い塩水を入れたタッパ–ウエアに浸し冷蔵庫に一晩置くものです。塩の濃度は塩が溶けなくなるほど・・・それは相当に濃いはず。塩分を控えるように言われているのに困ったもんです。

でも剥いたゆで卵にまんべんなく塩味がするのってオデンの煮玉子よりおいしいかも。「自分でつくりなさい」といってみたけど山ほど作られたら大変だしやりかねない。

キャスターの鳥越さん が肝臓に転移したらしい、母が姉に電話をしたら孫が出て「お母さんはお昼ね中」だそうで声が姉そっくりだったと驚いていた。姉にゆっくりと時間が流れてほしいものだ。

好き放題してて,病気をいっぱいして濃い味が好きでも 90を迎える人もいる、何度も言うが人は病気ではなく寿命で亡くなるものらしい。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.