2007/11/3 土曜日

鍵穴の継ぎハギ

Filed under: 未分類 — patra @ 1:53:44

玄関狭いs36年からそのまんま

奥玄関です。今時めずらしい小ささです。色を塗り替えただけでs36年から1度も直していません。
私と息子の玄関は別なので、ここは親類だけが出入りします。
滅多に開けません。取手の三角,見えますか?

窓窓こちらが私。s82年から・・ドアはs36年のまま鉄のサッシ,重い防火戸です。

  1. 取っての三角分りました。
    こうなっているのですね。
    patraさんの思いいれがあるのですね・・
    隣りのキャビネットの色と合って、いい感じですね。

    もうひとつの方は、ガラス戸ですか?
    すりガラスで、表の色が不安気に映っていますね。
    テーブル?の青が良いですね〜。

    家の修理は終わったのですか?

    Comment by sakura — 2007/11/3 土曜日 @ 2:44:55

  2. 正真証明な自慢の貧乏ドアです(笑)
    いくらなんでも木のサッシですよ、今はアルミ時代なのにね〜!

    下の事務所はあの時代に珍しい鋼鉄のサッシに曇りガラスの入ったドア・・これはドイツ製で当時としては破格の値段だったそうです。

    コンクリートもアルミサッシも無い時代,大工さんが作ったフラッシュドア(一番安かった)これを修繕しつつまだ使っています。
    息子が小学生の頃,足でドアをノックした穴・・塞ぐにも、外国の田舎風にクロスさせたり、外側面はもっとパッチワークだらけです(爆笑)
    思い入れというより今の規制ドアが似合わないだけなんです。
    アンティークの木のドアにしたいのにサイズが合わないので諦めてます。
    元の母の部屋を直せば、ほぼ終わりですがお財布がカラになったので延期・・・ペンキが280万もするので困っています。
    そとまわりはどうでも良いや、と負け惜しみ状態です。

    Comment by patra — 2007/11/4 日曜日 @ 2:50:18

  3.  なるほど、「三角形」ってそういうことだったのですね!
     
     三角というのが、何ともユニーク。

     そういえば、先のエントリーで「女社長」のこと言及されていましたが、Patraさんも、そういう風格を感じるの私だけ?

     お写真、ありがとうございました。

    Comment by 酔仙亭 — 2007/11/4 日曜日 @ 10:54:30

  4. この三角は後でペンキで同色に塗ります。
    ユニークでしょ(笑)
    私がやりたかった仕事がインテリアデザイナーなので、広告のセットデザインをしたりしてました。
    ボッシーではありますが、配下が居ない私じゃ貫禄もなにもありませんって。

    お粗末なドアがバレました(笑)

    Comment by patra — 2007/11/5 月曜日 @ 2:10:12

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.