2005/7/11 月曜日

天馬,駆ける姿を見た、義経さん。

Filed under: 大河義経 — patra @ 1:57:38

この白い馬の姿を雲間から睨むシーンはとても好きでした。思いがけない運命に動かされる人物は人智では計り知れない「剛胆」さ「決断」が「天啓」のごとく光臨する瞬間があると聞きます。突き進む白い天馬が義経さんの気迫にも重なり、わくわくました。

欲を言えば、カメラの位置にまだまだ工夫があったとおもうのですが、元気に刀を振り回す義経さん。少なくとも表情に若さ負けん気が一杯で重い鎧が軽々と見えてました。

「武蔵」で神経質になり過ぎているせいか、飛ぶ弓矢などが、あまりにも少ない。
「ヒーロー」とまではいかなくとも2、3百の弓が空を焦がす程、飛びかい、馬のひずめだけで、泥や瓦礫を蹴立てて駆け抜ける超猛烈ショット、嘘でも、天地を逆さにしてでも挿入すれば良いのにぃ・・・後20騎は重なり合って駆け抜けてほしい・・・とか思いました。が、ひなすけさんも義経さんの刀捌きを誉めてくれてます。
配役が決った後に番組で行かれた少林寺での修行も役にたっているかもしれません。
少林寺で「死んでもいい・・」と言ってましたから相当な覚悟で臨むのだろうと勝手に妄想は膨らむばかり。いや物騒な事はいけませんがシリーズの巻頭に撮ったのにもそれなりの理由はあるようです。
この合戦の場面は去年9月に写されているので主役が怪我をしたら大変です。
最近の保守に徹したNHKの現状から見れば良く撮っていたと言うべきでしょう(身贔屓)。

平家贔屓の方たちには許せないアッサリとした負けっぷりに非難もありますが、これは原作を選んだ時点から隠居、すっかり諦めモードになっておりますが(泣く)たった4日で写す日程もどうかと思う。・・・と思ったら上には上、蜷川さんは歌舞伎をたった8日で演出する気迫ぶり。

運動会みたいな一の谷でした。鵯越の近くにお住まいのみはいるBのBさんの写真を再度。

歴史的な記述はこちらから・・・

いつも一番笑わせてくれますが、読むのが楽しみ。
私、このひと女の子だとおもうけど・・・。

  1. 敦盛どこー? 大河ドラマ「義経」第27回

    今回は戦一色。全体を通じて感嘆したのは、滝沢義経の殺陣の美しさ。歌舞伎では殺陣は舞踊の一ジャンルと位置づけられている。演者は踊りのリズムを以って殺陣をこなすのが原則なので、歌舞伎の殺陣はいつもリズミカルで華やかである。今日の滝沢の殺陣も、かなり間が計算さ

    トラックバック by ひなすけの日記 — 2005/7/11 月曜日 @ 6:27:00

  2. 義経 第27話「一の谷の奇跡」

    予告を見て、早くも来週が待ち遠しいです。
    ついに…ついに義高が…!
    義高の死は悲しいことですが、義高と大姫の悲恋を語る上でははずせないことなので、その日を迎えるのが切なくも悲しいです。
    しかし、時には頼朝より政治的で非情な判断をする政子が、義高の除名嘆願

    トラックバック by 鎌倉恋情 — 2005/7/11 月曜日 @ 8:36:32

  3. ●源義経●〜一の谷の合戦(8)

    生田の森の激戦 大手の城戸に向かった範頼の大軍は、生田の森の敵陣を前にして、夜の明けるのを待っておりました。そしてこの方面でも、搦手の合戦が始まった卯の刻頃に、源平たがいに矢合わせをして合戦が始まりました。搦手の合戦が始まった事を.

    トラックバック by 源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために> — 2005/7/11 月曜日 @ 9:15:27

  4. 義経27妖怪法皇の呪文!

    日頃温厚なワタシですが、マジで怒ってます(`ヘ´) プンプン
    何ですか今回の一の谷は。宇治川での前科があるから、不安だったけど、また同じ轍を踏んでるじゃないですか。
    もう少し合戦の見せ方学習してくださいよぉ。

    冒頭からいきなり源氏六万Vs平家十万と劣勢を

    トラックバック by ぱるぷんて海の家 — 2005/7/11 月曜日 @ 9:43:26

  5. 義経オンステージに隠されてしまった平家の悲劇

    『義経』第二十七回「一の谷の奇跡」

    さあ、待ちに待った
    一ノ谷の合戦!!

    どんな演出を見せてくれるのか
    とても楽しみな今回であります

    ジリジリと平家、源氏と共に戦いの準備が進むなか
    珍しく我等が宗チャマが
    かっこ良いところを見せてくれたのが嬉しか…

    トラックバック by 日々是平安 — 2005/7/11 月曜日 @ 11:48:27

  6. 第27話 一の谷の奇跡

    キャーッ!百物語ですか!?
    これで背後に丹後局の姿でもあればチビッコは泣きますよ。

    イマイチ頼りなさの拭えない義経クンでしたが、ようやく戦の才能発揮!の回でしたね。しっかしタッキーの殺陣は妙に動きが素早いね。何故か大河というより特撮モノな香りがして

    トラックバック by :: komaki emaki :: — 2005/7/11 月曜日 @ 13:11:01

  7. 義経 第27回「一の谷の奇跡」

    いよいよ 待ちに待った 一の谷の合戦ですっ!
    もちろんドラマとしても楽しみだったんですが
    自分の住んでる地域がドラマに出てくるかなぁ・・・と 
    そして エンターテイメントとしての 
    一の谷合戦 を楽しみにしていました。

    トラックバック by みはいる・BのB — 2005/7/11 月曜日 @ 16:39:05

  8. 一の谷の奇跡。

    のん気に起床する法皇様。戦場にいない人はのん気でいいです。「屏風をおったてたよう

    トラックバック by 徒然日記 — 2005/7/11 月曜日 @ 19:33:11

  9. 義経第27話

    やっと第1話の冒頭に戻ってきましたね〓。 それでは行ってみましょうかね。 (*あ

    トラックバック by こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!! — 2005/7/11 月曜日 @ 20:55:58

  10. 義経 第27回 「一の谷の奇跡」

    ついに来ました 一の谷!
    半年前、義経の第一回目も このシーンでした。
    当時は、平家の人物はほとんど知らなかったのに、この半年ですっかり御贔屓となりました。
    奇襲に驚く宗盛、落ち着いて指揮をとる知盛、捕らえられた無念の重衡、三草山で敗退する資盛、そして弟思

    トラックバック by 風のうわさ — 2005/7/11 月曜日 @ 20:59:40

  11. 大河ドラマ 「義経」 一の谷の奇跡

    いよいよ一の谷。
    平家と義経の全面決戦です。
    でも、この回、初回に流れていたよナァ。

    トラックバック by 雨ニモマケズ 風ニモマケズ — 2005/7/11 月曜日 @ 23:04:52

  12. タッキー「義経」(27)

    今回は
    まず
    馬!ですね。
    絶壁を駆け下りる馬はよくやった!

    もちろん「馬」だけではなく、人間も大熱演だった。
    「義経」第一回に登場し、
    強烈なインパクトを与えた「鵯越の逆落とし」は
    新たな映像も加え、やはり迫力があった。

    崖の上から平家の陣を見下ろすシーンは

    トラックバック by 邦画ブラボー — 2005/7/12 火曜日 @ 6:41:13

  13. 義経 「一の谷の奇跡」

    今までの回で一番ドキドキワクワクしました。合戦シーンが格好良かったです。タッキーは殺陣上手ですね! すごい感心しながら画面にかぶりついていました(笑)あの見るからに重そうな鎧姿で、あれだけ動けるなんてすごいっ。第1回の記念すべきオープニングにちゃんと繋…

    トラックバック by Anochecerblog — 2005/7/12 火曜日 @ 21:59:49

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.