2004/9/2 木曜日

男の料理

Filed under: 人物 — patra @ 23:40:44

そんな事よりもう一つの話題・・・あのマイクロソフトの古川さんがblog デビューなんですよ、糸井重里さんの伝書鳩が御縁で息子が並々ならぬお世話になっております。やっぱりローストビーフがお得意ですが、何とこちらは8ポンド!
流石にスケールが違いますね。

http://spaces.msn.com/members/furukawablog/

作り方まで丁寧です。あのお忙しさの中で人への愛情が心に響きます・・・

なんでも自己流を激しく反省しました。殿方の焼かれるローストビーフには狩猟民族の父性本能が感じられます、素敵です。大きい肉はどうしても重いので、大皿一杯につけ合わせと共にテーブルへ!そんなお持て成しの極意、こんなに詳しいレシピでご紹介くださる古川さん、実は非常にお母さま思いの方なんだそうです。息子からコッソリとエピソードを聞きました・・・。
古川さんの御縁で、叔母さまと母上を息子とフミちゃんで3日ほどパリ滞在中御案内できたそうで、こうした繋がりを心から光栄に思います。

今まで日本人男性像とは全く違う世代世界が確実に育ってきていますね。昔なら大企業の殿方はふんぞり返っていて滅多に厨房へは入らなかった。素晴らしいことです。

私の古い友人が先日くれたメールにも「最近、何と料理にはまっています」と書いてあり、あのやんちゃ坊主が?と驚いたものですが、彼も51歳!そんなゆとりの年代ですね。
食は総べてのエネルギーの基本です。男子厨房にはいるべし・・・から30年経って。やっと変わったのだなーと感慨深いです。キッコーマン醤油へ「男の料理」という本を全商品カタログ付きでプレゼンしたのに却下されたのも思えば20年前だったな、早く産まれ過ぎたかな?と思うほど、現役の頃はとにかく浮きまくっていた私、先見の明だけはあったのにね。

  1. 古川氏のローストビーフも美味しそうだけど、
    ワタシはやっぱりpatraさんのたたき風のローストビーフが好きだなあ!
    でも、あの、デジタル温度計はうらやましいかも…(笑)

    Comment by たばた — 2004/9/3 金曜日 @ 0:07:47

  2. 古川です、コメントをありがとうございます。
    母と叔母のパリ滞在中は息子さんとフミちゃんに本当にお世話になりました。ありがとうございます。先日お二人に赤坂でお会いして、昔一緒に旅行した友人たちと同窓会をしてきました。patraさんとは、糸井さんとの不思議なご縁でお近づきになったまま、息子さん夫婦との素晴らしい関係を頂きました。patraさんのお料理の話を度々伺っておりましたので、次回息子さん夫婦ご帰国の際には是非ご賞味させていただければと思います。

    では、ふるかわでした

    Comment by MSの古川 — 2004/9/3 金曜日 @ 19:34:54

  3. わ、古川さん!恐縮です。
    メールでの御挨拶も古川さんがシアトルに行かれてからは御遠慮してました。
    こちらこそ、いつも息子たちへ心にかけてくださる御配慮に感動しています。
    先日はわざわざ叔母さまに北海道の美味しいお菓子をいただき、なんと我が母の喜ぶことといったら・・・空箱に要す時間はアッと言う間の2日でした(笑)

    美食家の皆様のお話を伺っていたら自信をなくした!のが真実ですが
    お約束をしましょう、ぜひ家庭的な自己流でよろしければ・・・。

    Comment by patra — 2004/9/4 土曜日 @ 2:56:46

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.