2012/5/23 水曜日

恩師・伊作先生の課外授業

Filed under: 人物 — patra @ 0:00:01

気がつくと自分は結構ファザコンだった。しかしそれは父親からでは無いような気がする。幼少時,昼夜逆転しながら設計図面を描いていた父とはあまり接点が無かった。

どうも大伯父の宗教家円諦翁と西村伊作先生の影響だろうと思う・・・
伊作先生の創られた其の文化学院から原稿を頼まれました。書いている途中でフト自分の原点を知ったように思った・・・ここにその原稿を転截しておきます。

『今、車椅子の身ながら一人暮らしをしている。たった一人で自由に自立した暮らしが出来ているのも実は52年も前に伊作先生の下さった、言葉のお陰なのである。

英語科から美術科の6年間、学院での生活は楽しい日々でした。
当時、伊作院長は相当にお年を召していましたから天皇みたいな遠い存在です。土曜に講話を聴くだけでした。

美術科へ進学したある日、友達の一人が「院長先生の所を訪ねよう!」と大胆にも我々グループを誘ったのです。講堂へ続く階段の横に伊作院長のお部屋があるのを我々生徒は知っていましたが、誰一人「遊びに行こう」とは発想しませんでした。でもお話したい気持ちが勝り、5人グループで何度か押し掛けたのです。若さは無謀です。
ホテルの個室のようなベッドと机と椅子だけの清潔な小さいお部屋でした。
院長先生は喜んで我々にゴーフルの缶を開け、お菓子を振る舞ってくださいます。「勿体無いかな〜」と笑いながらご自分でカットしてくださる痩せた指先きが印象的でした。

其のとき、何を思ったか伊作先生が我々をグルット見回し
「この中で誰が一番先きにお嫁に行くか当てよう・・」ドヨメク18歳の乙女達・・・
そして一人一人をジっと眺めながら,「んな事は興味ない」と目を反らした私を指差しました。
『君だ!』
全員驚きました。一番痩せっぽちの凡そ結婚には向か無い個性の私です。先生は言葉を続けます。
『その理由はね・・・君は男に期待していないからね、君が一番先きに行くよ』
18歳では分る筈も無い深淵な予言を何度も反芻しました。

事実は全くその当リで20歳で結婚し、23で出産、所が仕事に目覚め遂には離婚した時も伊作院長のあの時の言葉が大きく影響していたのです。
自分で人生を切り開こう!障害を持ちながらでも独立し広告界で活躍出来たのは、私の瞳の奥の暗く重い劣等感を見抜き、払拭して下さった眼力のお陰でした。

教育の本質をご存知だった院長先生の課外授業が私の人生に魔法の言葉「期待は己自身で」を植え付けてくれたのです。

文化学院で学べて良かった。休み時間に院長先生のドアをノックして良かった。と懐かしい思いです。』
facebook

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.