2010/6/27 日曜日

諦める。

Filed under: ネコ,日々雑感,時代 — patra @ 0:19:58

家具のセレクト決定に「patraの好きにしたら・・・」という返事が届く。
たしかにそうだ。今まで使っていたアンティークの茶色のオケージョンテーブル30万がたった3万。オールドパインのワーキングテーブルも1万5千円、しかも運送代も請求されるのが引き取り時の値段!と聞き、呆れるとともに不機嫌にもなる。私の好きな永年の家具が二束三文とは。息子の友人が引き取ってくれるらしいので大事にしてくれるなら其の方が余程うれしい。
今、日通あずかりのオールドパインも叩かれるのなら大事に持っていよう。
これらユースドと2、3点の家具の為にバランスを想像しながら選んだテーブルはモダンですが角が剥がれ易そう。
出来上がるまで4ヶ月係って船旅で届くそうです。大妥協ですがデザイン優先できめました。

今までの家具は一生使うつもりだったのに・・・新しいマンションには、まず似合わないから家具にも可哀想。

来るお客ごとに勿体ないわね〜と言われるだけで傷つく近頃です。が、骨折しちゃったのは自分なんだから、と何度も言い聞かせているうちに何もかもバカらしく成ってきた。つまり相当に転居で、めげています。

気持ちを高める意味で選んだ惚れ惚れするイタリアのムクのテーブルを諦めた理由は1に猫ちゃん達です。テーブルに乗る、という癖をつけてしまった我が家の猫ども。爪の引っ掻き傷を気にしながらではたまりません。今更叱るのも可哀想だしね。
不安そうに私を見上げる猫と老母・・・。IMG_0639_1

君たちの不安は護るとして、私の不安はどうなるの!?やれやれ・・・いつも貧乏くじは私です。
そうそう、母の部屋には台所の今までの2つと長椅子が行きます。ぜんぶ環境をかえちゃうと老人が惚けるそうなので・・・
理由その2は、メンテナンスが大変な事。水のシミやコップの輪ジミが結構天然素材は気を使うからです。

それから、良い本箱が見つからず写真集の大量処分を決めました。持っているだけの自己満足で禄に開きもしない洋書や写真集で壁を潰されたくないからです。
捨てる覚悟が出来たらサバサバしました。
食器とフレンチカントリーの小物だけは永久保存。入れ子式なので仕舞えば小さいから。もう本国にも無い稀少コレクションなので、僅かしか手放しませんが、飾り棚などは出します。9月頃にガレージに出します。拾ってください。

これらコレクションの似合う田舎家を東京のど真ん中に完成させるつもりだったのだが、奇麗さっぱりと諦める。何もかも気のせいだった事にするまであと少し。
このHPのインテリアやルームは永久にリンクして残します。
諦めずに闘い続けた部屋の記録です。どこも可愛いが溢れています。漆喰の壁。ブロックの壁。土足の侭の床。ほんとうのお洒落がつまっています。写真から旅してみてくださいね。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.