2008/6/1 日曜日

旬のアサリを使って

Filed under: 料理 — patra @ 2:32:36

浅蜊が活躍蟹シュウマイと南瓜シュウマイパスタの山田シェフが中華スープを絶品スープに変える方法を伝授していたので早速トライしてみました。もっとも紹興酒が無いので日本酒で代用。浅蜊を何時もより多めに買いスープが目的なのでお水たっぷりでゆっくり茹でる。この時、日本酒と中華スープの素をいれ味を整える。私はちょっと五香粉を入れローズマリーも少しと若布を入れました。味見したらホントに美味しい〜一応中華なのでお取り寄せの蟹シュウマイと南瓜シュウマイ・・・(これは失敗、ちっともうまく無い。タレントの宣伝に乗せられてしまったみたい。)レンジではダメ、湯気のあがった蒸篭でならばもう少し増しだったかも・・・しかし蟹肉にうまみがないのが致命的。蟹シュウマイは得意だったので点が辛い私です・・・蟹と鶏肉のすり身を入れ千切りにしたワンタンの皮で花のように包むのです。

浅蜊のカッペリーニ絶品、浅蜊のスープスープを取った後の浅蜊を殻つきのまま、これもお取り寄せのトマトソース、トスカーナ風・・(alce nero社これは成功)
を使い簡単パスタ。バジルスパイスを足しバターも入れ細いパスタ、カッペリーニを入れて6分程煮込みました。ア、浅蜊のスープもお玉2杯ほど一緒に入れます。ちょっと感激、。アサリがこんなにおいしいダシになるなんて忘れてた!パスタもプロの味です。香草を散らして・・・深い滋味なるスープを味わいました。色が悪いのは紹興酒じゃなかったせいかしら?でもしあわせ・・。

いよいよ6月になっちゃいましたね〜〜。

  1. アサリのスープといいアサリのだしをいかしたパスタといい、おいしそうですね。私はヴォンゴーレが好きなんですが、こちらで新鮮な貝類は手に入りにくいので、作れなくて残念です。今日は朝から低気圧で蒸し暑く、とっても気だるい日なんですよ。小鳥さえも低く飛んでいました。こんな日には、さっぱり味の料理が食べたいと、以前patraさんが紹介していたカプレーゼソースで、リガトーニをランチに作ろうと思っています。Kyoさんがカプレーゼのパスタがお好きだそうですが、夫も大好きなんですよ。

    いよいよ7日にサッカーの欧州選手権が始まるので、ドイツの国旗をなびかせた車をよく見かけるようになりました。日本でも欧州選手権は放送されるんでしょうか?

    Comment by Michiyo — 2008/6/1 日曜日 @ 17:17:48

  2. Michiyoさん♪
    欧州戦サッカーもちろんスポーツチャンネルで放送されると思うのですが今日本はバレ–ボウルのオリンピック亜細亜代表戦でフィーバーしています。イタリアに惜敗。どうしても天が味方しない後一息の勝利への力が無い日本チームです。嘆息。

    トマトとモッツレラのリガトー二は家中大好きです。作らなくなって数年・・・食べ過ぎちゃうのです。

    ボンゴレも作らなくなってひさしい、このアサリでスープと実を利用する献立、ひさしぶりのパスタかも?スープ最高でした。

    東京は雨で私の強運もついに尽きたか、と天を仰いで嘆き節です。

    Comment by patra — 2008/6/1 日曜日 @ 21:09:32

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.