2005/7/8 金曜日

LONDON BOMBS

Filed under: 時事 タグ: — patra @ 1:12:05

暗澹たる思いだった。
昨日7日のロンドン時間御前8時過ぎに起きた多発テロのニュース を知ったのは夜遅い時間だったのでTV画面で見て驚いてしまった。

7日は、午前中から若い韓国の御夫婦が揃って見えていたのだが、「子供の将来に戦争の時代が来るとしたら、それが一番恐ろしい!」と3人の子供さんをお持ちの若く綺麗な友人が真剣に問いかけて来ました。
「その心配は常に在りますよ、ただ日本人の私世代は断固として戦争は回避すべく声を挙げます。その恐ろしさ虚しさを熟知してます世代ですから」と話し合ったばかりだけに・・・言葉を失いました。

7月6日にオリンピックが決って良かった!と、ただ単純に喜んだのだが、その数時間後にはこんな非道な、防ぎようの無いテロ・・・御主人が英国人というだけで森瑶子さんやロンドンの友人の名前を出してしまった事にさえ、申し訳なく反省しました。

日本人の被災が無かった事を確認してから、さっきお見舞いを書こう・・・とメールを開いたら既に邦子さんから、テロの直後の報告が入ってました。

パトラ様

ご無沙汰しております。今日のブログに私の名前が!!ロンドンのオリンピック 興奮状況をパトラさんにお伝えしなければと思っていたのですが、kyoさんご夫妻 がもちろんがっかりしているだろうなあとも気を遣ってしまいました。

と、昨日の状況をお伝えしようとしたとたん 、そのハッピーなイギリスに冷水 を浴びせるようにさっきほんの1時間前ロンドンの地下鉄で爆発のようなものがあ り,パニック状態になっています。数箇所で発生しているようなのでテロの疑いがあ るということです。地下鉄はすべて止まっています。現時点では何も詳しいことはわ かりませんが、かなり事件になっているようです。

書いてくださったのは事件直後の朝、10時ころでしょうか、2012年オリンピックがロンドンに決っても、落ちたフランスに住む息子たちの事を思い遣ってくださる文面だけに・・・自分の呑気さが悔やまれました。

この時代の一寸先は闇状態は、海外に暮らす家族や友人、外国人の知人が多い私は不安が募りますが、言論で堂々と闘うのでは無い卑怯なテロに、市民レベルはどう対処すべきなのでしょうか。日本もターゲットである事を、常に忘れてはいけないと思うのですが方法が解らない。

言葉で人々の心に訴えかける事も出来、言葉で憎しみも買う、言葉の持つ力をもう一度
何度も「言霊」に込めて、繰り返し呼び掛けてみたい。STOP BOMBS!! NO MORE LONDON !

  1. 蓮の葉 一葉:環

    姫蓮の葉が 風に揺れ 雫がそっと踊る   蓮一葉にみる 宇宙 環  争い 諍い

    トラックバック by 野の花:Stepping Out — 2005/7/8 金曜日 @ 7:01:48

  2. おはようございます
    TVをもたない私は本日のあさ
    Patra さんのLONDON BOMBSの記事に驚きました。

    ネットでこのテロを確認して 想定されていても避けられないテロの恐ろしさに身をすくませました。ニューヨークでテロが起こった時座間の米軍キャンプのすぐ側に住んでいて警戒する米兵のライフルに異様な事態を感じたのがいまさらのように思い出されます。

    いったい この痛ましい一連の事態の元凶は・・・。

    言霊 受け取りました。
    わたしもささやかですが TB発信させていただきました。

    Comment by nono−hana — 2005/7/8 金曜日 @ 7:15:20

  3. nono-hanaさん、どうもありがとうございます。

    さきほど起きて来ました母も「何と言う卑怯なやりかたなの、昨日の夕方のニュースでは地下鉄の漏電らしい、と言っていたのにテロだったの!?」と非常に驚いていました。

    60年前、広島に原爆が落とされた8/6日がオーバーラップしてしまい、七夕というのも気になってNO MORE HIROSHIMA !! と同じフレーズしか思いつきませんでした。

    素敵な蓮の水滴に思いを込めてくださって嬉しいです。

    私たち世代が声を挙げてゆかないと・・・。

    Comment by patra — 2005/7/8 金曜日 @ 7:33:05

  4. ワタシは青く美しい球体の住人です。

    1980年代の1年間、サハラはアメリカで過ごした。
    語学学校で「話せる英語」を学び、カリフォルニアを南下してぐるりとメキシコを一周した。その後12月のニューヨークにたどり着き、ニューヨーカーになった(1ヶ月だけどね…)という、大冒険の1年間だった。

    8月15日、母か

    トラックバック by ワタシきれいドットコムblog — 2005/7/8 金曜日 @ 15:10:51

  5. NY・ロンドン・そして東京?

    ロンドンで起きた同時多発テロ。サミットの厳重な警戒の中で起こった。 もう、いい加

    トラックバック by 大人になるほど楽しい! — 2005/7/10 日曜日 @ 11:18:39

  6. Patra様
    お久しぶりです!
    TB私もさせてもらいました。

    ふつうに生きている事がどんなに幸せで有難い事であるか・・・一分一秒でも多く、大切に「生」を満喫したい私は、ああいう不遜な人たちに自分の命を左右されるなんて、耐えられない!・・・そう思ってるの。

    どうすればこの悪の連鎖は断ち切れるのでしょうか?

    Comment by SAGAN — 2005/7/10 日曜日 @ 11:57:42

  7. Saganさん、朝貴女の所からやっとカレンさんのところへ辿りつけました。
    昔のバレエで探していた慌てものです、御無沙汰ごめんなさい。

    >どうすればこの悪の連鎖は断ち切れるのでしょうか?

    まったく答えが見つからないので悩むのです。

    憎悪の発端は何によるのか?
    突き詰めて考えると行き着くところはブッシュ親子と栄耀栄華を誇った石油王国の国民へ分け与えなかった恵みのツケかいな・・・
    教育は大事ですよねっ。

    ふつうに生きている人たちが常に犠牲になるのはゆるされませんよ、憤慨。

    Comment by patra — 2005/7/10 日曜日 @ 19:44:02

  8. トラックバックありがとうございます(5日もたってしまった)。
    TB後、何日かパトラさんのBlogを拝読させていただきました。
    僕と感覚が似ている方だと感じました。
    パトラさんが気まぐれに(?)僕のBlogにTBされたのは、
    2日前に友人からもらったカサブランカの香りのせいじゃないかと思い始めました。
    パトラさんのHPのデザインや写真を見ると、
    いろんな事を大事にされているのが分かります。
    「うんめいの子」はその通りですね、、
    ロンドン同時多発テロとは関係ないコメントになってしまってすみません。

    Comment by yosio — 2005/7/30 土曜日 @ 11:04:05

  9. yoshioさま

    すてきなコメントをどうもありがとうございます。

    感覚が似てる・・とは光栄至極です。カサブランカの写真を拝見しました。
    あんなにすばらしい花束を下さると言う事は、yoshioさんのチェロの上達はきっと見事なのでしょうと確信しました。

    ロンドンの地図が載っていたのでTBさせていただいたのですが、お友だちの居るところは何処かな?という不安?な動機もありました。
    なぜ辿りついたかはアクセスにLONDONの検索があったからですが辿りつけたことが幸運でした。
    blogの題名も実は大きなポイントでした。

    「うんめいの子」を分ってくださるとは、yoshioさんもお見事です。

    Comment by patra — 2005/7/31 日曜日 @ 9:15:45

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.