2005/4/7 木曜日

がんばる人へ試練、重なる。

Filed under: 友人 — patra @ 0:28:49

パリでは一人健気に、大奮闘で息子を支えてくれているフミちゃん。せめて家に戻った時くらいは何もせずにのんびりしてもらいたいなぁ・・・と思う心と裏腹に、最近、私の体調がまるで紫陽花のように変化するので気を使わせて猛反省。今日はすこぶる元気だが、でも昨夜は神経性の歯痛が勃発、つくづく約束と言う事ができない年令になったのか?、と嘆息してたら、お世話になっている不動産会社、社長さんから電話があり、我が家のアパート担当の美人で親切、やるき満々の社員、T嬢が病気で退社した!との緊急連絡をうけて一気に脱力した。

ショック。あんなに健康そうにみえたのに、厄介な病名をきき胸が痛んだ。昨日からの私の目の奥まで痛い歯痛とも頭痛とも違う神経痛が、これだったのかも?!と気を受け易い私は戸惑った。2月に御会いして以来、ずーっと彼女が気になっていた。ほんとうにお世話になっている方だったので残念でたまらない、早く完治しますようにと一生懸命お祈りをする。

彼女は病気で倒れた御主人の代わりに働いていた人だ、その当人が倒れたら・・・ひどすぎる。
気力が抜けてぼんやりとしていたら今年ついに40才になった、息子から「各々が今できる事を誠実にやるしかないでしょう、ネガティブに考えちゃいかんよ」と忠告された。確かにそうだった。

古くてボロい我が家の家作を、T嬢が「明るい外壁に塗り直しましょう♪、何事も顔が命ですよ・・・」とアドヴァイスしてくれていた長家だ。ケチにぐずぐず引き延ばしていた私だけど、根性据えて塗り直そう。ペンキ屋さんも工務店さんも全て彼女が手配してくれていた人選だし、好意を無駄にしてはいけない。常にポジティブ・シンキングのT嬢のためには、我々がクヨクヨしては失礼だ。彼女の特技はシャンソンだったらしい。もう一度歌えるように、ぜひ、なってほしいものだが、しかし・・・せつない。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.