2005/2/22 火曜日

恐怖の隠し味とは・・・

Filed under: 料理 — patra @ 0:33:57

眠くてたまらない月曜日でした。
朝、早く起きてシャワーを浴びてガウンのまま朝食を取れるのは久しぶりのこと、こうした一時が一番休まるが、父が一緒だと出来ないことでした。
家長の今は新聞まで私の所に置いてあります、いい気持ち。

昨夜は吾が母が仕事で忙しい私に代わって夕飯を作ってくれているようなのでいそいそと食卓に向かう。と、すき焼き風、たっぷり白滝と葱、牛肉の良い香り、と思ったのは一瞬で、何だかオレンジの皮がソチコチに?しかもやけに甘すぎるお肉に白滝、どっぷりと香るママレードの匂い!?

一体君は何をすき焼きに入れたの?と聞くと、得意そうな顔で
「みのもんたさんが、調味料にジャム!と言ってたので早速、砂糖がわりに使ったのよ、身体に良いんですってさ!」

「やめてくれ!」亡き父が何時も絶叫していた言葉を私も発した。

どんなに身体に良かろうが、マーマレードの香りプンプンのすき焼き、白滝はないだろう。
味音痴ならいざしれず、わたしゃ、この匂いだけで食欲が失せるよ。
・・・・迷惑なり「みのもんた流」

なので今日は自分でブロッコリーを茹でほど良い目玉焼きに、これでもか!とカリカリに焼いたベーコンに、本来の姿のマーマレードをトーストにのせてパリリッ。うまい。
ココアにきな粉も入れてアメリカンなブレックファースト。

昼過ぎに見えたお客様の母上は私とほぼ同年なのに全く家事も掃除もなさらない身分だそうで、下手くそでも一生懸命、謎なご飯を作る87才の吾が母を羨ましがられました。
そんなものかしらん、世の中色々・・・

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.