2011/12/8 木曜日

神様との対話。

Filed under: 日々雑感 — patra @ 14:25:05

ネット上で話題になっている、神様との対話
素晴らしい対話なのでここにコピーさせて頂きます。

HOME

Interview with God

神様と対話をする夢を見た。

「私と話がしたいのですか。」
と神様はたずねられた。

「もしお時間があるなら」
そう私は答えた。

神様は微笑まれた。
「私の時間は永遠です。」
「どんな質問がしたいのですか。」

「人間のどんなところに一番驚いていますか。」

神様は答えられた。
「子どもでいることに退屈になって急いで大人になってしまい、再び子どもになりたいと願うこと。」

「お金持ちになるために健康を失い、そして健康な身体を取り戻すためにそのお金を失うこと。」

「将来のことを思い煩うあまり、現在のことを忘れてしまい、結局、現在にも将来にも生きていないこと。」

「決して死ぬことがないかのように生き、決して生きていなかったかのように死んでしまうこと。」

神様は私の手を取り、私たちはしばし沈黙した。

私は再びたずねた。
「親として、子ども達に学んで欲しい人生の教訓はどんなことでしょうか。」

神様は微笑みながら答えられた。
「だれにも愛することを強要できないけれども、愛されているということを素直に受け入れることはできること。」

「自分と他人と比べるのはよくないということ。」

「豊かな人とは、最も多くの物を持っている人ではなく、最も物を必要としない人だということ。」

「私たちが愛する人を深く傷つけることには数秒しかかからないけれど、その傷を癒すためには何年もかかるということ。」

「真に人を許すことを学ぶこと。」

「心から愛していても、その感情をどのように表現していいか知らない人がいるといういうこと。」

「二人の人間は同じものを見ても違う見方をすることもあるということ。」

「他の人から許されることだけでは十分ではなく、自分自身を許さなければならないということ。」

「そして私がいつもここにいるということ。」

 

I dreamed I had an interview with God.

“So you would like to interview me?”
God asked

“If you have the time” I said.

God smiled
“My time is eternity”
“What questions do you have in mind for me?”
“What surprises you most about humankind?…”

God answered…
“That they get bored with childhood. They rush to grow up and then long to be children again.”

“That they lose their health to make money
and then lose their money to restore their health.”

“That by thinking anxiously about the future,
they forget the present, such that they live in neither the present nor the future.”

That they live as if they will never die,
and die as if they had never lived.”

God’s hand took mine and we were silent for a while

And then I asked…
“As a parent, what are some of life’s lessons
you want your children to learn?”

God replied with a smile
“To learn they cannot make anyone love them.
What they can do is let themselves be loved.”

“To learn that it is not good to compare themselves to others.”

“To learn that a rich person is not one who has the most, but is one who needs the least.”

“To learn that it only takes a few seconds
to open profound wounds in persons we love,
and it takes many years to heal them.”

“To learn to forgive by
practicing forgiveness.”

“To learn that there are persons who love them dearly, but simply do not know how to express or show their feelings.”

“To learn that two people can look at the same thing and see it differently.”

“To learn that it is not always enough that they
be forgiven by others. But that they must
forgive themselves.”

“And to learn that I am herealways.”

 何度も読み返してみました、神様の言葉がズンと沁みます。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.