2011/7/21 木曜日

コック・ォ・ヴァン・ブラン

Filed under: 料理 — patra @ 19:41:57

DSCN0915DSCN0917先日飲めなかった白ワイン、勿体無いので鶏の白ワイン煮にすることにしました。
玉葱,ニンニク,セロリ等と一緒に塩ローズマリーで下味を付け、かぶるくらいワインを入れたタッパーに鶏を漬け込みました。
冷蔵庫で丸1日置きます。多分肉を軟らかくする為ですが今はバーさん鶏(コッコ)は使わないけど味は断然良くなります。
十分に老年な私なので野菜と炒めるベーコンもなし!溶かしバターと粉で作るブールマニエもなし・・・豆乳でお粉を溶き、とろみにしました。
漬けてあった鶏に粉をハタキ,熱したフライパンで焼きます。こんがりキツネ色、いつもはこれで食べちゃうくらいこんがりと(笑)
肉を取り出し,残った脂を少しキッチンペーパで拭き取り玉葱,マシュルーム,茄子を炒め,漬け込んだ汁も残のワインも入れ沸騰させて味をみてから鶏を戻し、トロミを付ける為に豆乳で溶いたブールマニエを入れ10分ほど煮込んで出来上がり。
パセリを散らすのですがしブレットでも・・・本来は赤ワインとトマトを使います。

茹でジャガ芋と玉葱,インゲンの付け合わせ、コッテリと美味しい一皿。
正直言うと久しぶりに作ったのですが未だ飽きていた。
もうフランス料理はいらない年令を実感したのでした。(笑)

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.