2009/4/8 水曜日

楽観はできないのかも

Filed under: 日々雑感, — patra @ 0:07:17

シベリアシベリア

午後1で訪問歯科の佐藤先生が来てくださり桜がきれいですよ、と暫く桜談義。東大の構内の桜は種類も多くみごとらしい。先週、母も東大の桜並木を見て感激してましたっけ。

我が家の裏の借景桜はもうすっかり葉が出てしまって何の種類なんでしょう・・・と お聞きになる。たぶん彼岸桜だろうと答えつつ延命のいきさつをお話する。

神経を抜いた後をもう一度消毒して頂く。ぜんぜん痛くない。ただポータブルの治療器械が不具合で水が出ないのです。水が出ないと削る時の摩擦で熱が出るのでやりにくそうで手動でした。 薬を詰めておわり。しばらく様子をみることに。

歯の説明をしてくださる時「かき ポンくん」が大活躍!先生はいつも絵に書いて説明くださるのでとても解りやすいし「かきポンくん」はボタン一つで消えるのですこぶる重宝でした。

お風呂タイムだった母が夕食はたべたくない・・・と言いましたのでグラタン作りからは解放されました。血液検査表が母の家庭医から届いてました。母が昔した人工股関節の術後感染の傷からの出血がここ何週か止まってしまい、炎症の数値が悪くなってきたそうです。

時々食欲がなくなるのもそのせいらしく、目下軽い抗生物質を飲んでいる母はこのまま傷が塞がるとかえって危険だそうですがもう病院では体力に頼むだけで他に手だてがないそうです。家庭医も東大もただ手をこまねくばかり、歯医者さんのように丁寧な説明がありません。訪問看護師さんがしんぱいする所もこんな点ですが母は諦観し昨日も尊厳死協会に会費を払い込んでました。万一院内感染のための菌が身体の中に回ってしまうと高熱がでるでしょう。楽観はできないのかも・・・しれません。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2020 Patra Ichida, All Rights Reserved.