2008/5/19 月曜日

サザンやニコルの時代

Filed under: 友人,家族,時代 — patra @ 17:27:11

しばらく音信がなかった友人へ電話を入れたら、私へのメールの返事が無いので反対に心配されてしまった。またスパムに混じって読まないでゴミ箱にいれてしまったらしい。目が裸眼では限界なのかな?普段,眼鏡をかけていますが、あれは伊達なんですが、いよいよ老眼が進んだのでしょう。件の友人も頑健な体力に依存し過ぎていたようで、春の検診でついに糖尿病が発見され、検査入院していたそうです。何も知らずにごめんなさい・・・と言った時「メールで知らせたよ、返事来なかったけど」に大慌てしたわけです。そして新聞でニコルの松田氏の訃報・・我々世代が、せねばならない覚悟の年令になっているという事です。

ニコルは大好きなブランドでスタイリスト時代も御世話になりました。エレガントなのにキッチュな部分を併せ持つ大人スタイルが特に好きでした。ジーンズやチノパンツの代わりに ニコルの皮で出来たつなぎを仕事着に愛用してましたが未だに捨てられず大事にしています。カビちゃうのが嫌で部屋に年中下げっ放しが若さのなごりのようで。

サザンの桑田さんが。活動休止するのも頷けます。より良くいきるための休暇はひつようでしょう。

件の友人は優等生な食事療法で数値が劇的に改善しているそうです。良い人材を靴の装具屋さんにご紹介いただけたようで、その行動力にいつもたすけられています。 まだ大丈夫、と思っている40代のみなさんも過食大酒はご注意くださいね。結局、節制する生き方でこそ輝くことができるのかも・・・水谷豊選手のように。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.