2008/5/14 水曜日

コケティシュなお仙ちゃん

Filed under: 人物,家族,料理 — patra @ 0:26:31

水餃子トマト入り水餃子夕方、私の部屋まで響くすごい音がした。お風呂場で、母が又も転んだという。ヘルパーさんが側に居て転ぶとは?何事か?と慌てて覗いたら,洗濯物を置きにヘルパーさんがちょいと目を放した隙に,自分で靴下を脱ごうとしてよろけて,仰向けに頭から転んだそうだ。母の悪い癖、ゆったりと人手を待つゆとり,頼む心が出来ない性格のせいです。一人で出来ると思っても歳には逆らえずに、これで今月は2度目。私の心臓は相当にびっくり。ヘルパーさんも真っ青になっていた。「平気、平気」と当人は笑っていても周りを心配させるのは本当に迷惑なので今後は絶対に風呂場で一人にさせない方針を話し合う。

看護師さんに血圧を計ってもらい問題はないとの事だが,こんな事がまだまだ続くのでしょう。

寒かったので水餃子にモヤシとトマト、ニラを入れてあげ早寝させる。鶏の出しが効いておいしいと嬉しそう。私はがっくりと疲れる。夜BSで嚥下不能の老人食の作りかたを見るが何でも食べられる母は良い方なのか・・と自らを慰める。

夜に「おせん」を気分直しに見るまで気力が失せた。
すき焼きが好きじゃない私に今回のお話はツボでした。
熱の出たモワ〜ンとした後れ毛のウナジまでお色気に溢れるお仙ちゃんに見とれてしまいます。昨夜の話は、途中が何かと退屈だとおもったけれど、それは「鍋はつきっきりじゃないと・・」というおせんの台詞を活かすためだったのですね〜面白かった。大泉洋という役者もうまい、蒼井優ちゃんは色っぽくって可愛くて芝居が上手くて、で言うことなし。

しかし、我が家のつきっきりが・・・鍋物じゃなく老人ってのは
なんか・・・シャレにもならないな〜。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.