2005/6/14 火曜日

禁色の感想

Filed under: 感想 — patra @ 2:36:39

伊藤キムさんの禁色は当日売りも長蛇の列で1時間待ってもチケットが買えないほどの人気だったそうです。舞台の様子は観に行かれた沢山の人がblogをupしてくださったので楽しく読ませていただきました。すごく面白かったので一部をご紹介させてください。

dosquatさんの感想。パーフェクトなキム像・・シニカルでお茶目であるはずの(隠居の想像)キムさんの禁色は、彼が言った”話題性かな”という部分をちゃんと引き算してご覧になっている感じ。
マッスルさんの感想。素直な目線が素敵でした。


イマージュ茶屋さんが見た
今までの公演の中で一番良いキムさんだったそうです。
自転で行こうよさん。三島の本からは題材だけを借りてるはずのキムさんの、肩透かしみたいな所、今頃、原作を読んであれ?と反芻しているかもしれませんね・・・読後感想もぜひ!
さん、正直に見えたまま・・・とても丁寧な実況してくださっている感じで貴重。
章代的身体合唱blogb版さん、舞台を楽しんだ感じが伝わりました〜bossのbossなんですね、キムさんは♪
師弟関係の和やかさまで・・・文字お直しで伝わりましたよ。隠居もまちがえてばかり・・常習犯です(汗)。

見に行かれた方の色々な感想をトラックバックしてくださると嬉しいです。

面白かったのは、冒頭のシーンが衝撃だったようですが、40年前、土方巽さんも青山
青年会館の公演で我々の度胆を抜いたことがあるのです。崇高そのもの・・・で思わず祈ってしまった。

  1. 禁色

    昨日は
    伊藤キム 白井剛「禁色」
    観て参りました。BossのBossですから・・・
    お昼から輝く未来のリハーサルだったので、あやか・サイサイ・たばまきと三茶へ向かう。時間があるのでパスタで晩御飯。後からタッキー合流。
    今日はサイサイのワークショップで、アクロバッ

    トラックバック by 章代的身体合唱Blog版 — 2005/6/14 火曜日 @ 7:59:08

  2. 胼����

    トラックバックありがとうございました。いろいろな感想を読んで、こういう見方が出来るのか、とまた楽しめました。

    トラックバック by 自転車でいこうよ — 2005/6/14 火曜日 @ 22:38:19

  3. 胼����

    フライヤーを初めて見た時、有名人だし興味はあるし一度 観とくべきかなーでもダンスだしなーどうすっかなーと悩んでそんまんまにしてたら、友達が誘ってくれた。といういきさつの舞台を観て来ました。
    世田谷パブリックシアターにて、伊藤キム構成・演出・振付「禁色」。

    トラックバック by いつか、きりんを見にいこう — 2005/6/15 水曜日 @ 23:17:54

  4. 二十一世紀舞踊『禁色』06/08-11世田谷パブリックシアター

    禁色

     『禁色』は同性愛をテーマに書かれた三島由紀夫の小説です。それを題材に…

    トラックバック by しのぶの演劇レビュー — 2005/6/17 金曜日 @ 1:21:43

  5. 【ダンス】禁色 伊藤キム 白井剛

    世田谷パブリックシアター 三島由紀夫の「禁色」は、59年に土方巽が踊って、それが舞踏の始まりとされている・・・って言われてきたけど、実は違うらしいよ〜。土方が使ったのはジュネなんだって。で、タイトルだけ借りたんだって!で、姫はなんでも見る前にごちゃごちゃ説明

    トラックバック by アリーテ姫のゆくえ — 2005/6/20 月曜日 @ 15:08:38

  6. 伊藤キム+輝く未来 禁色@京都芸術劇場春秋座

    行ってきました!
    電車を乗り継ぎ銀閣寺のある辺りの京都くんだりまで。
    どのバスに乗ればいいか迷いつつもなんとか到着。
    大学の中にある劇場ということで京都芸大の学生さんがいっぱい。
    っていうか、見に来てた人のほとんどが学生さんでした。
    ちょっと早くきて

    トラックバック by +++だだけ者の妄念+++ — 2005/7/8 金曜日 @ 16:55:55

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.