2005/1/20 木曜日

ふだんのご飯

Filed under: 料理 — patra @ 1:26:58

夜の時間帯がまちまちなので中々難しいけれどお婆ちゃんを交えて成るべくご飯。昨日の猫写真が暗かったので写すのは忘れたけど実に家族ご飯は美味しかった。「私、食欲ないからちょっとで良いわ」と言っていたお婆ちゃん。「大丈夫よ、食べれば美味しいから完食するはず・・」と、我が家流うっとり印の鶏のコンガリ、グリル、つけ合わせのレタスにゆで卵とパセリを刻んだ辛子マヨネーズとちょっぴり酢とウスターを混ぜたドレッシング。牡蠣フライ用をわざと野菜に利用します。生野菜嫌いにお薦めです。そして定番のマッシュポテト!牛蒡の金ぴら・・・「わ、おいしい〜!」でしょう?と鼻の穴が広がる私。普通よりも気長に中火で焼くから皮はパリパリ、中はジューシーなうっとり印鶏。とパクついてから、あ、又もやってしまった!。「お爺ちゃんのお小皿へ、分けなきゃ〜」と私が言うと慌ててフミちゃんとお婆ちゃんがお皿をお位牌の前のお膳へ・・・「美味しくいただいてます、毎度忘れちゃうけど!」とお婆ちゃんが神妙に頭を下げます。

父のように最期を食事が取れなかった人の祀り方は、こうして必ず一緒にお供えする気持ちが大事だと思う。お下がりを頂く気持ちも大事。こんな風に暮らしながら心の対話をするうちに皆の気持ちも癒えるのでしょうか、朝の最初のお茶、炊きたてのご飯を差し上げる時が、一番しあわせ。ありがとう、と心の中で一生懸命言ってます。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.