2017/7/8 土曜日

姉の命日です。

Filed under: 家族 — patra @ 3:00:10


夜中、ものすごいラップ音がしました。
でも冷静に考えたらペットボトルの膨張する音でした。
亡く成った姉と母は同じ年2010年の7月と11月に前後して亡く成っています。昨日看護師さんが覚えていてくれて、小さい竜胆の紫を4本持ってきてくれました。私さえ忘れていたのに・・・本当に優しい人です。
亡く成る直前に姉と会っている看護師さんは「あんなにピカピカで元気そうだった方が・・・」と今でもそう偲んでくださる。
野際陽子さんの最後のテレビでも、どこがお悪かったのか?と思う美しさでした。
姉と重ねてしまいます。
義兄から分けてもらった姉の死化粧の写真を開き、また閉じました。
姉では無い、綺麗ですが含み綿の入れ過ぎなお顔が頭の方から写してあるのです。
俯瞰できっちり写すなら写す、そんな配慮の無い写真なので、何度見てもがっかりします。
お友達のヘアメイクさんのお化粧だったそうですが、私には遣り過ぎで姉らしさを感じません。開いてはまた、そっと閉じてしまいます。
母の死に化粧は誉められましたが、姉のは叔母さま達からも評判が良くなかったものです。
「気の毒ね」と姉に謝りました。
義兄に話せば「え?、考えもしなかった」きっとそう言うでしょうからw。
身内に車椅子の人間が二人もいるのに段差の有る画廊を開く人ですw其の時も「考えもしなかった」と息子に言ったそうです。
悪気が露も無いだけに・・・考え無しは困ります。
考え無しに打つ将棋は負けるにきまっています。

姉は気の毒だったと思います。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.