2012/12/8 土曜日

さよなら勘三朗

Filed under: 人物 — patra @ 15:20:02

25年も勘三郎を追っていた番組の特番を見た。
やっぱり「ざんねん」の一言だ。
食道癌なら虎ノ門病院?と思ったがそうではなかったらしい。さいごは息子の事故では命が助かった千駄木の日本医大救命センターだったそうだ。
はじめから日本医大だったら?いやここは救命救急病院だから普通には入れないのだろうか?などと憶測しては悔しい思いをしました。
急性呼吸窮迫症候群という聞き慣れない名前だった。人工肺をつけていたそうだが思ったより進行していたのだろう。
私の父は検査入院中,看護師の食事介護で2度誤嚥し,あっというまに肺が真っ白,入院して20日で亡くなった。同じ若い看護師で詫びの一言もなかった。
医療に携わる人々にお願いしたい。「いのちを預かる自覚を更に更に重く受け止めていただきたい」
急性呼吸緊迫症候群は肺炎から引き起こされる。肺炎は誤嚥からです。
菌が入れば自分の免疫力で菌と良い細胞までを攻撃します。肺炎が一番の敵ですね。
手洗いウガイ,マスクで防げます。
見舞う家族もマスク,手洗いなど徹底すべきなのですが、肉親が病の時、愛しているとマスクするのが悪い!と思ってしまいがちです。でもマスクは大事です。
健康ならば何でもない雑菌も病人には、それこそ命とりになるのです。
PS
 「一般的にARDS発症の基盤になるのは肺炎で、食道がんの場合は放射線治療や抗がん剤治療の後です。炎症などで肺の酸素交換機能が低下し、結果として症状が悪化してしまう。まるで、肺の中で大規模破壊が起こるように、食い止めることは難しい」と呉屋教授はいう。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.