2012/6/14 木曜日

長野からワラビとハチク♪

Filed under: 友人,料理 — patra @ 22:15:32

DSCN6327DSCN6333DSCN6338昔、良く行くお店で時々顔を合わせていた大先輩のコピ−ライター国分さんとFBで繋がりました。国分さんはスタイリストの高橋ヤッコさんの友人です。
長野に移り住み売木村という所で隠居生活だそうで、ご挨拶という事で珍しい山の幸をお裾分けいただいたのです。
丁度良い分量の品の中にワラビの灰汁だし用の「椿」の葉っぱやご本、これは去年出された、今迄埋もれていた物語「少年とバイオリン」や穴子すしの「すし乃池」の本、どれもが魅力的な本まで入っていました。ほんの少しの袖すりあうご縁でしたがお互いが70を過ぎて出会うこんな事も嬉しいことです。
早速作ってみました。DSCN6352DSCN6356DSCN6353DSCN6354DSCN6360
FBの他のお友達のアドヴァイスもあり 中々美味しくできあがりました。
ハチクは根曲がり竹とも言いこれが出るとサバの水煮缶が売れるのだそうです。
でも東京ッ子の私には味の想像がつきません。初日は焼いて味噌・・・
翌日,ネット検索しサバ缶をツナ缶に代えて作ってみました。おいしい。山育ちの人々が熱く語るハチクとサバ缶・・・絶妙な組み合わせなのかもしれない。ツナでもこれだけ美味しいのだから。

ハチクはエゴ味が無いので生でもいける。薄い姫皮を捨てずに湯がいてこれも湯葉のように食すように、と教えていただいたのもFB友達。あわててゴミ袋から姫皮,救いだしました。
シャキシャキ感が実にたのしい。
山里の豊なご馳走でした。ワラビは椿の葉を入れただけで見事に灰汁がぬけました。
FBでの再会がもたらした新体験のお味でした。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.