2009/7/6 月曜日

ピータン入り冷やし中華

Filed under: 家族,料理,日々雑感 — patra @ 0:04:45

cimg1944cimg1940つくづく体力が落ちてきたな、と思った日曜日です。きのう遅くお昼用のカレー。キャベツスープから鶏引き肉とタマネギのみじん切りを炒め加えキーマカレーを作り寝たのは4時過ぎ・・・朝,母が階段リフトの音をさせながら降りてきたのをうっすら聞きながら。しばらく寝たのか又階段リフトの音。けっこう煩い音がします。やっとベッドから起き時計をみたら2時,熟睡とはいきません。昨日からの約束なので冷やし中華の準備。洗った胡瓜や人参を食卓まで運びTVの裕次郎の23回忌を見ながら細く切る。錦糸玉子や酒蒸し若鶏,ピータン等,下ごしらえだけでも大変で車椅子の膝の上にボールやらお皿やらのせて何度も往復・・・時間が思った以上にかかります。麺をゆでるまえにグッタリ。
そこに母がリフトで降りてきて「今日は食欲がなかったので朝も食べてない・・・今夜は冷やし中華でしょ?」と声をかけてきたので仰け反った。しっかり2回降りてきてご飯を食べたのを忘れておいでだ。「じゃ誰が新聞を取ってきて,カレーもプリンも食べたの?」に母はキョトンとして「あら覚えが無い、今日は月曜でしょう?」と恐ろしいことを口走る。おねがいこれ以上,絶対に惚けないで。
このごろ昼寝をすると何日の何時か分らなくなるらしい。今夜が冷やし中華だ!ということだけが、どうやらインプットされていた。「困った、なぜだろう?朝のことも何も覚えていない・・・声出して音読しないと大変」と反省してましたがいよいよ本物の老人になったかも。

二人で中華麺1つで丁度良い分量。「あら,ピータンね、クラゲも柔らか〜」目下の所、食べ物だけが興味の対象な母をマジマジと見てしまう。この先が思い遣られて心臓が痛くなるしまつ。
書き忘れてましたが
冷やし中華のタレは煉り胡麻と市販のタレを混ぜました。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2021 Patra Ichida, All Rights Reserved.