2020/5/4 月曜日

コロナの時代を生きる息子の覚悟。

Filed under: 家族 — patra @ 1:45:26

そうした決断に至る息子を理解できます。
4月中に書かれたノートです。
私の紹介文の海老フライの尻尾の要素とは、有っても無駄なだけだが、無いと様にならない海老フライの尻尾のような
「ふっ」と抜けた部分があっても良いな、と言う意味でした。
ちょっと匂わすだけに留めた言いたいことの、この遺言の文章は、とても苦労したようですが、息子らしく真面目です。
そこが非常に私は好きでした。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2020 Patra Ichida, All Rights Reserved.