2018/1/6 土曜日

フミちゃん

Filed under: 家族 — patra @ 17:12:09

此の写真が大好きです。
足の不自由な息子に嫁いでくれて20年近く、いつも笑顔です。
「無理していない?」と私が聞いても、『全然、毎日楽しいです」と答えてくれます。


息子が4年くらい前、フランスで家を買いたいと言って来た時,私は反対したのです。
「ずっと永住するの?」「いやそのつもりは無いよ、でも投資になる」
どうしてもそうは思えなかった私は反対しました。
息子一人の能力では無理だからです。
フミちゃんは
『家は要りません」
小さすぎるワンルーム、狭過ぎるキッチンを自力で可愛くリホームして暮らしてくれていました。
応援の仕様が無い東京のお姑さんの私です、日本からパリに戻る時、こっそりお小遣いを握らせるだけしかできません。
息子は直ぐ、家を諦め、公共住宅のバリアフリーにダメもとで応募したそうです。
4年目の去年の暮れに遂に15区の安全地域に当選しました。
今頃、引っ越し準備で忙しいフミちゃんでしょう。
パリでは手助けも出来ません。
ルーブルの仕事をした20年前のように、私はひたすら念を送って無事な引っ越しを祈っています。懐の広いフランス社会に感謝しながら・・・
『運を使い切るのは嫌なので、宝くじも嫌いなんです、日々の平凡な恵みだけを感謝しながら・・・行きます」そう常日頃、言っていたお嫁さんです。
本当に幸せ者なのは息子ですね。彼女の笑顔は、我が家の青い鳥そのものです。

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.