2009/8/14 金曜日

笑いかたを忘れてた

Filed under: エッセイ,日々雑感 — patra @ 2:09:09

隙間が出来ていた歯が奇麗になったので笑ってみたら、驚いたことに長い間微笑むだけで滅多に歯を見せないようにしてたせいで、なんか口の中心が曲がる・・・習慣とは恐ろしや。なんでも私は歯の圧力(噛み合わせる力)が異常に強いせいで歯並びが反っていたのだそうです。どうりで朝、起きてもドット疲れを感じるほど歯を食いしばっているらしい事に気がつきます。困った癖だ。上あごの天井に出来てきた白い硬い突起も骨の変形だそうな・・・ここ何年も口腔癌かも?と一人悩んでいたので歯医者さんにハッキリと違いますよ!とお聞きして大安堵しました。骨は圧力がかかるほど刺激され勝手に石灰化し育ってしまうのだそうで、ならば私の足の骨折部分も硬く育って欲しいのに、この所、骨が痛いのは何故じゃ?
部屋のヘルパ−さんが働き良いように付けている冷房が、両足に入れてる金具をダイレクトに冷やすせいらしい。夏でもサポーターをしたり長いズボンにしてくださいな、と半ズボン姿を整形の先生に叱られてたのにCM業界育ちのせいで永遠にラフな若造りから足が洗えません。ところがこれが危険だという事を発見。車椅子で家事をしてると生足の膝小僧に物が良く落ちる。ポタっとお鍋の湯気の雫まで落ちても熱い。俎板を膝に乗せて野菜を刻むとかしてヒョイとレンジに手を伸ばして火を消そうとすると膝からペテナイフが滑り落ちる!!とか。なので余程注意集中して家事を進めていると,必死に奥歯を噛み締めてまする。これじゃあごが発達するわけだ・・・そして微妙に歯並びが歪んできます。予防するには格闘家みたいなマウスピースを装着する事らしい。顎や口を大きく動かして運動する百面相が、とても楽になるからおもしろい。

                           

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2018 Patra Ichida, All Rights Reserved.