2008/5/31 土曜日

自然には逆らえぬ・・

Filed under: 家族,日々雑感 — patra @ 17:42:09

勤勉な私でも流石に昨日の完徹は響きました。何、猫どもにベッドを占拠されての完徹ではありません。朝までTVで日本の政治に呆れながら起きていたのには理由があるのです。夕べ晩ご飯が終って自室に戻った母、ふつうに、というよりメチャクチャ元気なのですが、ドスンと又音がして転びました。一体今度は何?と内線すると「電気を倹約して躓いた・・・おでこを打った」というのです。ドアの入り口のスイッチをつけずに部屋に入って何かにつまずいたのでしょう。養生シートのせいでいつもより暗いはずの室内です、老人の倹約なんてせいぜい電気をコマ目に消すだけですが、まさか付けないでベッドまで行こうとする母の思考回路に呆れます。「そんな事は2度としない事!それは迷惑でしか無い」と又叱ったわけです。

何かあったらすぐ行動に移そうと寝ずの番でした。何とも無いので朝寝してると姉から電話がかかってきたようです。その受け答えものんびり「何もかわりないわよ〜元気♪」頭にきますね、都合の悪いことは何も報告しない母です。常夜灯の殺菌灯が切れていたのにも原因があるのですがいくら諭してもケロっとして「おでこのコブも消えたから平気よ」睨みつけても効果なしです。フローリングにせず畳を取らずに置いて良かったと思いながらも心配ばかりでうんざりです。

梅雨に突入する勢いの雨にも、空亡の摂理の恐さを改めて感じます。12年に2年間毎の周期で来る私の空亡なのですが、やはり自然の教えは護る価値がありますね。この時期の望は叶い難いを実感。あらためて自分の意志など求めず長期戦覚悟です。天幕と養生シートで建物を包まれて、この暗さ・・。電気をつけっぱなしの2週間だったので老母の気持ちもわかるけど、心配してもしかたないよ、自然が相手だもの。

それでなくとも暗いのに 電気つけても暗い

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

© 1999 - 2019 Patra Ichida, All Rights Reserved.