2005/8/9 火曜日

馬のファンタジー

Filed under: 家族 — patra @ 2:52:23

フミちゃんのパリ日記7月17日18日を見ていたら、パリノルールblogでも紹介されているジンガロの事が出ていました。

馬が大好きな私がここを読んで秘かに憧れていたバルタバス率いる騎馬歌劇とでもいう馬と人と一体になった芸術オペラ。

パリでも中々見ることができないファンタジーの日本公演が今年,深川の木場、特設会場であったのに父の喪中で遠慮して観る事を思い付かなかったのが悔まれる。というか私が行きたい!と思う事自体が不思議な現象であるが
しかも考えれば父の墓地から直ぐ近くだった。もっと真剣に計画すれば良かったのに諦めモード満載で息子達にも話さなかったが、清澄庭園の近く納骨の日の帰りでも無理すれば行けたかもしれないのに一生の不覚だった。

フランス語なのでみつけるのが難しいけどここのオフィシャルサイトから動画で一瞬見ることが出来ます。左横の下spectaclesをクリックすると白い馬が走ってきます。
その画面から動画が左から古い順に。一番初期はまだバルタバスが道化っぽい動きで楽しそうに馬に追い掛けられてました。どんどん洗練されて行く様子もサイトのあちこちに、韓国のパンソリをバックに繰り広げられる黒白の世界なんて素晴らしくって、ぜひDVDが欲しいのでそちらで注文して置いてねと呟く。

昨日は鰻の白焼きを食したら、急に、具合が悪くなったので何もせずに一日、ここから綺麗な馬を何度も見ては楽しみました。
日本公演のチベットからテーマを得た<ルンタ>はこれが最初で最期、二度と観られない作品なのだと知って、更に残念でたまりません。

馬・・・さっそくフミちゃんだけでも、パリでチャンスがあったら見るように勧める。

あ、それから
話が飛びますが7日から、蝉が鳴き始めました。今年初鳴きでした。

PS

今朝、見た友人に伺った所によると足場が悪く真っ暗な中、客席までの階段がとてもpatraさんには無理よ・・・と言うことでした。そうだったのか・・・と(笑)DVDで楽しみまする。

コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

© 1999 - 2022 Patra Ichida, All Rights Reserved.

モバイルバージョンを終了